クラブカラ―に染まる街 -等々力陸上競技場へ向かう道で感じたこと-

10年前、大阪から上京する際に家を借りるエリアとして最後まで迷った候補地が2つあった。

1つ目の候補は埼玉・川口。家賃が安く、ほぼ東京という立地から通勤にも便利な街である。ただ、「埼玉=浦和レッズ」という印象が強く、ガンバサポーターの自分が住むのはアイデンティティの否定になると却下した。親族からは「いい歳して馬鹿なことを…」的な反応をされたが今でも判断は間違っていなかったと思っている。神社で賛美歌は歌えない。

もう1つは神奈川・武蔵小杉。今日、武蔵小杉駅から等々力陸上競技場まで歩きながら痛感した。このエリアにも住まなくて良かった。10年前はここまでフロンターレカラ―が強い街ではなかったと記憶しているが、今や川崎フロンターレ駅なのである。


サッカータウン武蔵小杉


公園のオブジェもフロンターレカラ―を身にまとう街


定番のJクラブ自動販売機はもちろん


学校もフロンターレ―カラ―の装飾


川崎=フロンターレ。ヴェルディ川崎の面影はどこにも残っていない

武蔵小杉駅はベッドタウンの一面もあるので住んでいる職場の同僚は多いのだが、皆がフロンターレに洗脳されてきた歴史を目の当たりにしてきた。サブリミナル効果の側面があるのではないかと感じる。「計算ドリル」に代表される生活にフロンターレを忍ばせる作戦。潜在意識へのアプローチ。

阪神ファンでもないのにスタメン選手の名前を全員言えてしまう。そういう環境で育った私は生活の中での何気ない露出の重要性を身に染みて理解している。そんな地道な活動が身を結んだフロンターレ、最近では紅白歌手「SHISHAMO」を使った楽曲からのアプローチまで。ずるい。勢いがあるとはこういう状態のことを差すのだろう。天野春果氏は東京五輪後、次はガンバに出向すればいい。


武蔵小杉エリアのあらゆるお店にはフロンターレ色がちりばめられている


オシャレな美容院の入口にも


渡辺こども診察所にも


こんなものまでフロンターレカラ―

内容的には大惨敗ともいえるゲームを終え「クラブ力」とは何なのかを改めて考えさせられた。相変わらずアットホームな等々力陸上競技場や武蔵小杉の町並みから思うのは「帰属意識」の重要性。ガンバ大阪は2005年の優勝をきっかけに選手のタレント力やサッカーの魅力でもってサポーターの数を急増させていった歴史だと捉えている。しかし、それが崩壊しつつある現状をふまえ別のアプローチが求められている。新監督が成功する保証もない。

ピッチ内外共にガンバの求心力は急激に落ちている。少なくともサポーターの掲出物を事前申請制にするような重要な決定を密室で行うことはサポーターの帰属意識を高めることにはつながっていない。

関連記事①:虚無感の先に -天皇杯決勝総括-
関連記事②:【書評/読書感想】「スタジアムの宙にしあわせの歌が響く街」(天野春果)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/990-f6eff105