伝説は“雨”とともに -浦和レッズ戦-

森高千里は「」を思い出も涙も流すものとして捉えていたようだが、ことJリーグに関して雨はむしろ記憶を助ける要素のひとつである。今節も後半アディショナルタイムの同点弾という劇的展開は雨の冷たさと共にずっと記憶される。得てして「雨」は伝説となるものの必要要素にもなっていて、近年では音楽ライブもその傾向があるし、「きつねの嫁入り」は雨伝説そのもの。

ポジティブな文脈で語られることの多い雨の伝説だが、実際問題は苦痛でしかない。今日も朝から惰性でシート貼りをしたものの、開門を待つ浦和御園イオンでは試合の延期を祈った…が、その想いは叶わず今に至る。試合後、埼玉高速鉄道の窓に映る雨に濡れた自分は朝より少し老けた気がした。

そして、現在は朝にはなかった喉の痛みに苦しめられている。金曜日の夕方「日曜日は雨なのにガンバの試合なんですよねぇ~」と会社でヘラヘラと喋ったせいで明日熱が出ても会社を休みにくい。「サッカー観戦で体調を崩して会社を休む奴」など社会人失格だ。まあ、紛れもない事実ではあるのだけど。


両ゴール裏は屋根がなくびしょ濡れ…

■最後まで頑張れた理由は?

4日前の水曜日には同じく埼スタで開催されたACL準決勝を観戦した。高い集中力で挑んだことが分かる一戦だったので、その試合からメンバーをさほど変えなかった浦和は消耗していたはずなのだが、そんな相手に各局面において一歩目の早さで上回られる展開にはガッカリした。なぜこのようなことが起きるのか…と。

ただ、結果的には3-3の同点で試合終了。浦和の消耗に助けられた部分も大きいが、勝っても負けてもあまり大きな意味をもたらすことのない一戦で選手達が最後まで頑張れた理由は何だったのだろう。1%でもサポーターの声援がその理由になっているのであれば喉の痛みは無駄じゃない。勝ち点1で喜ぶゴール裏の様子を見て、選手達が何か感じてくれたらいい。

関連記事:涙とベテラン -浦和レッズ戦-




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/987-7a08a50d