集大成 -ルヴァンカップ準決勝 セレッソ大阪戦-

【ガンバ大阪 1-2 セレッソ大阪】

長谷川健太監督の時代が終わっていたことを再確認させられるだけの辛い試合だった。ホーム開催の大阪ダービーにおいて押し込まれる展開を5バックで耐え抜くことを選択し、負ける。長谷川健太監督の終わり方に相応しい。栄光は常に過去形でしか語られない。こんな敗戦は受け入れられない。

そんな中で望むのはこの緊張感ある一戦を経験した若手選手達が敗戦を糧にして成長してくれること。野田しかり、平尾しかり、数分の出場時間であってもJ3で何試合出場しても得られない経験値を得たはず。1点の重み。ワンプレーの重み。敗戦したからこそ得られる成長もある。J3でぬるく失点を重ね続けている経験値では戦えない。

第1戦では赤﨑や井出のゴールで総力戦のポジティブな面が出たが、第2戦は逆に総力戦だからこその限界が露呈された。昨年のルヴァンカップ決勝のエントリで私はこんなことを書いていた。

ただ、その危機感や敗戦の悔しさはサポーターにとってモチベーションでもある。ビッグゲームでの敗戦こそクラブ愛が深まるもの。一つのサイクルが終焉したと思っていたチームが見せた前半のハイパフォーマンス、延長後半まで劣勢を耐え続けた意地や執念はこのチームがまだ死んでない事を証明していた。球際や運動量で無双状態だった井手口を筆頭に個人レベルで大いなる伸びしろを感じる選手もいる。



チームは蘇らなかった。昨年でサイクルはやはり終焉していて、今年はただ死を待つばかりのシーズンになった。井手口は期待通り成長したが、チームを去ろうとしている。私のクラブ愛もこの敗戦では深まっていない。

関連記事:【YBCルヴァンカップ決勝】ガンバ大阪-浦和レッズ@埼スタ





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/985-53da2617