ピッチ上のコミュニケーションで大切なこと -マリノス戦を担当した上田益也主審の不安定さを受けて-

【ガンバ大阪 1-2 横浜F・マリノス】

「伝え方が9割」という本が大ヒットしたが今節の主審を担当した上田益也氏は課題図書として読んだ方がいい。大前提として基準がブレる(見えていない)力量不足の改善が最優先ではあるが、異議をとなえる選手とのコミュニケーションにも難があるように見えた。

吹田スタジアムになってから主審や選手の表情がよく見えるが、選手の抗議に対応する上田主審には余裕がなかった。ナメられまいと威厳を示そうとする心理が働くのか、諭すようなコミュニケーションが少なかった。興奮状態の選手に対して興奮で返す。これでは悪循環だろう。そもそもの発端は上田主審のヘボジャッジなのだから尚更である。イエローカードの出し方など癪に障る。


審判の表情まで見える吹田スタジアム

一方、今節はJリーガー同士だからこその独特なコミュニケーションシーンも見れた。途中出場した米倉とマッチアップした山中亮輔選手がファーストコンタクトからギリギリのフィジカルコンタクトを仕掛けてきた。そうした中、ゴールライン付近でボールをキープする米倉に対して明らかなアフタータックルのファールが発生。米倉は怒りを隠さず山中選手に何かを叫んでいたのだが、山中選手が手を差し伸べた瞬間にその手を掴み何事も無かったかのように山中選手の腰をぽんと叩いて試合に戻っていったのだ。

被ファールなど日常茶飯事で感覚が麻痺していたり、お互い様様だったり……米倉の怒りがすぐに収まった理由は色々推測されるが重要なのは相手がファールを認めた(手を差し伸べた)点にあるのではないか。このシーンは上田主審のコミュニケーションの在り方にも参考になるはずだ。

今節の2失点目。失点直前にジョンヤが相手に明らかなファールで倒されている。見逃されたことに激しく抗議するガンバの選手達。上田主審が言う。

「すいません。そのシーンは見てませんでした。」

それを受けたガンバの選手達が返答する。

「じゃあ、仕方ないな。次は頼むよ」

……とはならないか。それでも東口はやっぱり上田主審を小突くだろう。岩下がいたら胸ぐらを掴むかもしれない。上田主審よ、やっぱりコミュニケーションの問題ではないようだ。東南アジア研修からやりなおしてくれたまえ。

関連記事:ミ―ヤから学ぶ“自分らしく生きる”大切さ -大宮アルディージャ戦-



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/983-dd93dd8d