拍手に思う期待値の低下 -鹿島アントラーズ戦-

【鹿島アントラーズ 2-1 ガンバ大阪】

期待値が下がっているだろう。

試合直後の率直な感想は「今節は頑張った」だった。「頑張った」の中には納得感も含まれている。結果を求めて応援しているはずなのに負け試合に納得してしまう自分をどう捉えるべきなのか。

抽象的な「頑張った」とは具体的には何を指しているのだろうと考える。「勝ちたい気持ちが見えた」…まだ抽象的だ。「球際などで体をしっかり張っていた」…普通のことだ。結果、冒頭の結論に至った。

つまり、実力差を認めざるを得ない相手との試合で想定外に最後まで健闘したことを評価している。頑張った…と。自分で書いていて悲しくなる。冷静に思い返せば4~5失点していてもおかしくないゲーム内容なのだが。被シュートは30本だそうだ。弱い。弱過ぎる。本当はこんな試合を認めてはいけない。

チームは末期だ。長谷川健太監督退任という死を待つばかり。試合後のゴール裏は拍手も多かった。私もした。ただ、あの拍手は未来にはつながっていない。


試合前には鹿島神宮では絶対に御利益のない「ガンバ勝利」を祈願

関連記事:【ナビスコカップ決勝】鹿島アントラーズ-ガンバ大阪@埼スタ



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/982-aebb25b7