【俺のアウェイ飯】「きくちひろき」(大宮アルディージャ/熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

熊谷といえば「暑さ」でお馴染みの街だが、それでも常に列が絶えない熊谷を代表する人気ラーメン店。ラーメン界には色々な系統があるらしく、今回のお店は「がんこ系」とのこと。「看板を付けない真っ黒な店舗外観」や「看板の変わりに巨大な牛骨を店頭にぶら下げる」が特徴なんだとか。宗教色強い…。

味以外のことが語られだすと楽しみ方に深みでる。その積み重ねが文化なのかもしれない。がんこ系は同じ系統でも「分家」「直系」など細分化も可能だそうで、競馬の血統を楽しむことに近い印象も。ラーメン屋は極めていくと職業というよりも「道」だ。ラーメンが日本人に支持される要因の1つではないだろうか。

■店名:きくちひろき
■URL:https://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11002991/



がんこ系の特徴である真っ黒な店舗外観。熊谷駅から徒歩7~8分


同じく特徴の「牛骨」。ガンバの勝利を願ってさすったけど…


カウンターだけの店内。外観から想像するよりは綺麗で快適な空間


一番人気の「中間醤油」を注文


背油が食欲をそそる。チャーシューをトッピング


無化調のあっさりした醤油スープも「がんこ系」の特徴のひとつ


麺は細かたで食感が◎


替え玉


味は客の好みで調整可能


アクセスは悪いものの熊谷開催で美味しいラーメン屋に出会えてよかった

ごちそうさまでした。

関連記事:【俺のアウェイ飯】「すみれ」(コンサドーレ札幌/札幌ドーム)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/980-62d48a62