【書評/読書感想】「スポーツビジネスの教科書 常識の超え方 35歳球団社長の経営メソッド」(池田純)

元横浜DeNAベイスターズ社長であり、現在はJリーグ特任理事などを務める池田純氏が著者。直近ではBリーグ・川崎ブレイブサンダースの友好的買収が話題になったスポーツビジネス界のトップランナー。横浜ベイスターズ社長時代の経験を中心に自身が考えるスポーツビジネスの在り方が紹介されている。スポーツビジネスを学びたい方は必読の一冊。



■チームの基本戦術

読み所は非常に多いが、一番興味深かったのはベイスターズの基本戦術を一冊の本で明文化する取り組み。サッカーではFC今治の「岡田メソッド」が知られているが、「型」をつくるアプローチはスポーツ界のトレンドになりそうな予感。個人的にも「ガンバ大阪=攻撃的」という世間の印象が根付きつつある中、実際に今行われているサッカーは守備的でつまらないものになっている現実に打ちひしがれているタイミングだったので余計にそう感じた。

監督・選手の獲得や評価もその型に合うか合わないかの基準で考えれば継続性が生まれる。そういう意味では近年ガンバ大阪に西野黄金時代を経験しているOBがスタッフとして出戻ってきていることは期待感がある。同じサッカーを経験している恒や智、聡太らが中心となって「ガンバの型」を創ってほしいし、それは攻撃的であって欲しい。

■ビジネス面での強化がチームを勝たせる

上記以外にも「横浜スタジアムのTOB」、「ストーリーとセットで食べ物やグッズを売る方法」、「ソシオ制度」などスポーツビジネスの最新トレンドとも言える事例や考え方が多く紹介されており、近年のスポーツビジネス書では一番内容が濃かった。我々ガンバサポーターは夏の大阪ダービーでそれを実感したが、集客(ビジネス)面での強化がチームの後押しになるのは明らか。プロジェクションマッピングや記念ユニホームなど集客につながっている企画も生まれつつあるので、テンポラリーで終わるのではなく、季節の風物詩的に定着させてもらえれば嬉しい。「鷹の祭典」のような鉄板定番イベントが生み出せればクラブは更に成長できる。チームとしては「タイトル奪取」が明確な目標として広報されているが、ビジネス的にも「平均観客動員数」など明確な目標を発表してもいい。

日本のプロスポーツがエンタメ化するのは良いこと。今後、日本のプロスポーツの楽しみ方はますます多様化する。

関連記事:【書評/読書感想】「サッカー界における顧客の創造」(金森喜久男)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/971-4e1cccb0