【読書感想】「スポーツ都市戦略 -2020年後をみすえたまちづくり-」(原田宗彦)

東京五輪開催が決まってから頻繁に語られることが増えた「レガシー」という言葉に敏感になっている。五輪自体よりも五輪後にこそ楽しみがある。期待がある。スポーツを通じて町が活性化し、人々がつながる社会。言葉にするとなんとも抽象的だが、真剣に考える価値のあるテーマだと思う。

振り返ると、自分の人生における財産はスポーツ(サッカー)を通じて多くのものを得た。例えば、サポーター活動を通じて出会えた人々、行くことができた場所、こうやって文章を書き続ける習慣は今の自分にとってどれも大切なものだ。実体験としてスポーツの魅力や力を知っているからこそ余計にスポーツを利用した社会つくりに興味が出る。スポーツを通じて変化した街を想像しただけで気持ちが明るくなる。

スポーツ都市戦略

■スポーツがもたらす可能性

そうした自身の経験もあり、スポーツ文化を広めたいと常々思っている。その魅力を多くの人に知ってもらいたい。そのためには論理的に理解しなければという想いで本書を購入した。このジャンルの第一人者である早稲田大学の原田宗彦先生が国内外のあらゆる具体的な事例を用いながらスポーツの力が分かりやすく丁寧に紹介されていて理解しやすい内容になっている。特に各地方のスポーツコミッションの活動事例などは普段は得にくい情報だと思うので興味深かった。

また、都民的には東京五輪関連の情報が気になるが、本書では世界の先進都市の中でも東京は都民のポーツ参加率がここ数年で急上昇していることが紹介されている。これは特に国や東京都がスポーツ施設を建設した等のアプローチがない中での数字であり、東京五輪後に環境が整った時への期待感は膨らむ。社会人になっても、会社や家族以外の人とスポーツを通じて地縁ができるメリットはサポーターの我々であれば知っている。

いい施設ができればスポーツ合宿や大会開催の誘致などスポーツツーリズムの分野でも街を活性化できる。Jリーグを例に考えると、今後はサポーターを対象にした「観るスポーツ」と「するスポーツ」を組み合わせた旅行ツアーを検討しても面白いかもしれない。他クラブサポーター間の交流が増え、より日本らしい平和なリーグに発展する可能性だってある。

スポーツの可能性は大きい。家、会社、そして、スポーツ(施設)。楽しく生きるためにはサードプレイスが必要だ。

関連記事:【書評/読書感想】「国際スポーツ組織で働こう!」(つくば国際スポーツアカデミー・アソシエーション編)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/950-5906938d