愛される -川崎フロンターレ戦-

【ガンバ大阪 1-1 川崎フロンターレ】

スポンサーやアウェイまで駆け付けるサポーターへのお礼を伝える律の姿にプロスポーツ選手として生きている意味を理解しているんだなと感心させられた。宇佐美しかり、クラブへの愛着をしっかり言葉にできる選手は愛される。試合後にガンバゴール裏まで挨拶に来た阿部ちゃんやアキも素晴らしい。ああいう行動がセカンドキャリアにつながる可能性だってある。プロとして生きるにはピッチでの活躍だけじゃ足りない。

そんな律の立派なスピーチを聞きながらパトリックの扱いが雑じゃないかとも感じた。中途入社した会社の先輩の言葉を思い出す。

「新卒入社組は特別扱いされるから。中途組は放置なんだよ」

律と比較する訳ではないが、クラブへの貢献度を考えればセレモニーをされるべきはパトリックである気もする。海外移籍と国内移籍の違いや、パトは試合前日に別のイベントを開催しているからという理由も理解できるが、少し寂しさを覚えた。だからこそ、サポーターからのパトリックコールは感動したし、選手間でパトが胴上げされたことにほっとした。見てる人は見てる。ちゃんと評価していることが伝えられてよかった。個人的にはパトの胴上げシーンが今節のハイライト。

ただ、あの胴上げ、参加者の少なさは私がパトだったら少し気にするかもしれない。多分、胴上げは予定にないもので自由参加だったのだろうが、案外ああいうところにチームの団結力が見え隠れする。まあ、私は気にしすぎな性格なので、ラテンなパトは全く気にしていないだろうけど。

関連記事①:移籍と向き合う -ヴィッセル神戸戦-
関連記事②:虚無感の先に -天皇杯決勝総括-



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/948-206c27d7