【ACL南京遠征記】高揚の末には虚無があるけど -江蘇蘇寧戦-

【江蘇蘇寧 3-0 ガンバ大阪】

済南、広州、上海に続く4回目の中国ACL遠征の地は南京。只今、現地時間で25時を少し過ぎたところ。試合後、解散場所となったヒルトンホテル付近の唯一深夜営業していた食堂で軽く残念会を行い、戻ったホテルの部屋でこのエントリを書いている。深夜便の飛行機で日本を経ってから24時間以上無睡眠。さすがに疲れた。

平日に会社を休んで異国まで来て、愛するクラブの選手達にブーイング。そんな私達を取り囲む中国公安局の皆様。客観視すると少し笑ってしまう。自分は何をしているのだろう。ACLアウェイ遠征をする度に自問するのは恒例行事となりつつある。近年はアウェイでは勝てない事が多く、改めてサポーター活動は苦痛を伴うエンタメだと痛感する。いつも心配ばかりしている。文句ばかり言っている。まあ、だからこそ応援するのだけど。


サポーターエリアからの景色。3階席で応援


スタジアム内コンコースにて

■孫文の言葉からサッカーを考える

初のACL遠征となった中国・済南で相手サポーターから石を投げられてから10年。国内では味わえないアウェイ感が好きで未だに旅を続けている。ブーイングはされるのも好きなのだ。


試合前には孫文が眠る「中山陵」を訪問

“中国人は砂の民である。石にも、まして岩にもなり得ない民族である”

これは南京に眠る中国の政治家(革命家)孫文が残した言葉だが、ことサッカーにおいては当てはまらないらしい。町中での無秩序ぶりには辟易させられるが、スタジアムでは団結力を見せてくるから面白い。まさか中国のスタジアムでコレオグラフィーを見せられるなんて想像してなかった。

広州恒大サポーターと比べると江蘇蘇寧サポーターは大人しいし、だだっ広いスタジアムゆえに目立つ空席は試合の緊張感を失わせる要素の1つになっていたが、ガンバの試合の入り方の方がより緊張感がなかったというのが今節の総括。

我々サポーターがガンバ大阪に対して過剰な夢や期待を乗せたがる事は否定しないが、せめて立ち上がりの10分で2失点もしないでくれと望む事は贅沢なのだろうか。前回対戦の反省を活かして前半から積極的に戦って欲しいと願っていたのにも関わらず、逆に立ち上がりで試合が決まってしまった。正直に告白する。2失点目の際、自分の心が折れた音がはっきりと聞こえた。ダメだこのチーム……。

ただ、こんな状況でもグループリーグ突破の可能性がある奇跡。最後に、再び孫文の言葉。

“人生すべて七転八倒だ。大切なことは慌てないことだ。絶望さえしなければ必ず成就する”


今回のチケットはキーホルダー付

関連記事①:【ACL遠征記】広州恒大-ガンバ大阪@天河体育中心体育場
関連記事②:【ACL遠征記】メルボルン・ビクトリー-ガンバ大阪@AAMI Park




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/924-850a54e6