リスペクト不要 -江蘇蘇寧戦-

2017年03月15日21:57  ガンバ大阪観戦記

【ガンバ大阪 0-1 江蘇蘇寧】

必要以上に中国クラブをリスペクトし過ぎているんじゃないだろうか。もう少しリスクを冒した戦い方が出来たはずだと歯がゆく思っている。特に前半は少し腰が引けていたように見えた。サッカー界において経済力はチーム力である事は事実ながら、メディアをはじめそこを煽り過ぎた結果、深層心理に影響を及ぼしたのではないか。

後半はいい戦い方が出来たので勝ち点を奪えたのでは・・・と悔しさを覚える一方で、江蘇的には想定通りの内容と結果だったのかなとも思う。ガンバにほぼ決定機を作らせない守備に加え、ワンチャンスをしっかり決めきる助っ人。あの決定力こそ経済力。ゴールは金で買える。0-1という状況でなければ後半の展開はなかったであろう事を考えればチーム力の差は感じた。

ただ、大きなな差でない。素直に後半の良いイメージをもって精神的にも上から目線で次節は戦えばいいと思う。状況的にも「江蘇アウェイでは勝ち点1でOK」とは言ってられない。今節を見る限りサイドからの攻撃が1つポイントになるのであれば、途中出場で好機を演出した律、泉澤や米倉のスタメンも視野にいれつつ前半からの積極性を期待したい。

私も次節は今シーズン初のACLアウェイ遠征、南京に参戦予定。少しでも選手達の勇気になれば。

関連記事①:【ACL遠征記】広州恒大-ガンバ大阪@天河体育中心体育場
関連記事②:【ACL遠征記】上海上港-ガンバ大阪@上海体育場



トラックバックURL

http://7additionaltime.jp/tb.php/919-eb8b27e7

前の記事 次の記事