【俺のホーム飯】「時屋」(ガンバ大阪/市立吹田サッカースタジアム)

新大阪駅エリアを代表するつけめん専門店。「辛つけ」「鶏つけ」「豚つけ」の3種類のつけ汁を提供。また、〆として「小さなだしごはん」が提供される。ご飯に余ったつけ汁をかけていただく。割スープの進化系。つけ汁によって出汁の種類も違うので色々楽しめるのも嬉しい。店内には食べログをはじめとするグルメ賞の賞状が飾ってある超人気店でもある。お昼時は行列がある他、正確には最寄駅は新大阪ではなく南方駅になるので、新幹線に乗る前に立ち寄る際には時間に注意。

■店名:時屋
■URL:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27040424/



外観。南方駅から徒歩5分程度


3種類のつけ汁から選択


お店の看板メニューは「豚つけ」


「豚つけ」のスペシャル。炙りチャーシュー&味玉が付く


「辛つけ」の特盛


シャーシューは柔らかめ。熱々のうちに食べるのがオススメとの事


「豚つけ」スープ。濃厚(ドロドロ)豚骨魚介はスープによく絡む


「鶏つけ」スープ。豚と比べてドロドロ感は薄め


「辛つけ」は鶏つけスープベースに唐辛子追加


「豚つけ」版小さなだしごはん。出汁があっさりめ


「鶏つけ」「辛つけ」版ちいさなだしごはんは出汁がクリーミー


麺はコシがない柔らかめタイプ


「くずれ味玉」は崩れていない味玉の半額


崩れ具合。味は同じ


珍しくつけ麺の替え玉が可能


2017年3月で8周年


お土産販売は人気店の証


店内には数々の賞状

ごそうさまでした。

関連記事:【俺のホーム飯】「京都 麺屋たけ井」(ガンバ大阪/市立吹田サッカースタジアム)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/918-d03e6343