【U-23】試合経験をトレーニングに活かす -ガイナーレ鳥取戦-

【ガンバ大阪 0-2 ガイナーレ鳥取】

ツネ様初采配は完敗。Gマガ読む限り、個よりもチーム戦術を重視してると書いていたので期待していたのだが完成度はまだまだ。目立ったのは森のキャプテンシーと高江の個人技くらい。ただ、U-23は長いスパンで見る事が大切だと思っている。チーム構成(平均年齢)的に去年以上にそうあるべきだろう。結果に一喜一憂しない。


森選手の動きがコミカルで気になる…

この試合では昨年からメンバーが大きく入れ替わり、ユースの選手を含め10代が増えた事でファジカルの差が目立った。ここ2試合のトップチームを観れば分かるように大切なのは戦術やシステムの前に「球際」など1対1の戦いの部分だと思うが、気持ちだけではいかんともしがたい大人達とのフィジカル差がある序盤は苦労するかもしれない。

ただ、そうやって実体験としてフィジカルを上げる必要性を経験してのトレーニングと、ただやらされるトレーニングでは成果がまるで違うだろう。試合前のアップもトップチームのそれより負荷が強かったが、U-23のフィジカルコーチは厳しい指導で有名らしい。いつ頃から成果が出てくるか楽しみだ。

関連記事:オーバーエイジ補強論 ~セカンドチームの活動をより意義あるものにするために~



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/917-4e4f4d59