どのような展開をイメージしていたのか? -済州ユナイテッドFC戦-

【ガンバ大阪 1-4 済州ユナイテッドFC】

ACLは試合数が少ないゆえに采配ミスでの敗戦が重く、辛い。3バック大失敗。一体、どういう展開をイメージして決断したのだろうか。仁川との練習試合でテストして好結果だった事を受けての今節との事なのだが・・・仁川弱すぎる。済州と仁川はグルでガンバはハメられたんじゃないかと疑うレベル。

そもそも今年は攻撃的なサッカーを志すのではなかったのか。大事な試合で隠しきれない長谷川健太監督の守備的メンタリティ。裏目に出続ける采配。甦る昨シーズンに痛感した長谷川健太監督の限界。気持ちが切れたようなプレーで失点する選手。既に心身共に疲労困憊。ACL恐ろしい・・・。

こんなに酷い試合をした次の試合はさすがに選手の入替は必須だろう。チームマネジメント的にも。コンディション的にも。甲府戦を見れば選手の入替は済州戦だったと思うが。明らかに悪循環に突入している。シーズン序盤で負傷者も抱え始めている。丹羽、律、初瀬、泉澤、藤本あたりの起用を期待したい。もう開き直って新戦力のテストくらいの気持ちで柏戦に挑んでくれた方がどんな結果でも受け入れやすい気がする。言い換えると・・・・負けてもダメージ小さそう。

日曜の柏戦を乗り切ればとりあえず1週間試合間隔が空く。なんとか乗り切って欲しいが。ただ、柏戦後は1週間空くと考えると、健太監督、同じスタメン採用する可能性あるな。

関連記事:ガンバ大阪2017シーズンプレビュー



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/910-fff0d466