「スロースターター」からの脱却 -アデレード・ユナイテッド戦-

【アデレード・ユナイテッド 0-3 ガンバ大阪】

中継でもガンバを表す代名詞として使われた「スロースターター」。序盤戦は弱い事を示す一方で、自力があるゆえに序々に巻き返すという意味も含まれているので一概にネガティブな言葉とも決めつけられないのだが、こういう代名詞は結構やっかい。ある種の自己暗示に陥るリスクがある。

「俺はスロースターターだから・・・」

は心の隙となる。

過去の類似実績的には【ロスタイムに失点するチーム】というイメージがクラブを苦しめた事があるが、その不安はスタジアムの空気を支配し、相手チームの勇気となった。代名詞というか、イメージというか・・・そういうものは案外馬鹿にできない。

では、どのように打開するのか。成功体験しかない。つまり、序盤戦で勝つ。開幕戦を「1/数十試合」と捉えるか、「シーズンを占う重要な一戦」と捉えるかは意見が分かれるだろうが、ガンバにおいては前述の事情から後者の意識で挑むべきだと思っていた。そして、掴んだ成功体験。この意味は大きい。

負ければ負のスパイラルに突入する可能性もあった。昨年のACL未勝利の記憶が蘇る。「生みの苦しみ」「1点入れば変わる」・・・昨シーズンのパトリックはシーズンを通じてこれに苦しめられた訳だが、視点をチームから個人に移して2017シーズン序盤2試合を振り返ると、得点を欲する長沢・アデは既にゴールが生まれた事でプレッシャーからは解放され、新加入コンビであるセンターバックも2試合連続の完封勝利で落ち着けるはず。

実は「スロースターター」の背景にはここ数年序盤戦の対戦カードが厳しかったという事実もある。アデレードやジョホールを見下す訳ではないが、序盤戦の重要度を考えれば今シーズンは対戦相手に恵まれている幸運も忘れてはいけない。

関連記事:センターバック革命 -ジョホール・ダルル・タクジム戦-




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/907-0de7bbfc