【書評/読書感想】「国際スポーツ組織で働こう!」(つくば国際スポーツアカデミー・アソシエーション編)

我らが宮本恒靖監督がプリントされた本の帯に惹かれて購入した一冊。ツネ様に関する記述を期待していたが、一切出てこなかった。ガンバサポーターの皆様におかれましてはご注意あれ。

国際スポーツ組織で働こう

■国際スポーツ組織で働くために必要な能力とは

本書はタイトルの通り国際スポーツ組織で働くためのアドバイスが記載されている一冊。“国際スポーツ組織”とは分かりやすい例でいえばFIFAやIOCなど。実際に国際スポーツ組織で働く日本人のインタビューや、そこに至る上で必要となる知識・学び方が記載されている。

「英語でディスカッションができる事が前提条件」と書かれている時点で私は対象外なのだが、それ以外の部分においてはドメスティックな仕事をする上でも参考(必要)になる要素が書かれている。FIFAではなくJFA、IOCではなくJOC。要は各都道府県のスポーツ協会を“まとめ役”的な組織で働く上で必要な事が多々書かれていた点は自分の仕事と共通する部分が多く、一般ビジネス参考書としても面白く読ませてもらった。

どの組織においても共通して必要となる要素として出てくるキーワードは「ガバナンス」。具体的にはルール作りや、エンゲージメントを意識した(関わる人を増やす)企画を考える能力の事。「国際」スポーツ組織となるとビジネス相手が異文化である苦労もあるので、相手の事もよく理解したコミュニケーション能力が求められるのだろう。「ダイバーシティマネジメント」という言葉で表現している組織人もいた。

ワールドカップサポーター記念撮影
ワールドカップの様な国際大会に関われる仕事は魅力的

■チャンスに備える

就活本でもあるのでキャリアについての記載も多いのだが、この手の本における登場人物は皆、能動的な行動力が凄まじい。思い立ったら即留学なんて当たり前。脱サラなんて怖くない。人材募集をしていない組織に電話しまくり、履歴書送りまくりの自己アピール祭り。無理矢理アポを取って、その場でプレゼンして契約社員の座をゲット。私には真似できません・・・。

ただ、ここまでの行動力はないがらもチャンスに備えて準備はしておこうかなという気になった。つまり、お勉強。学生時代からスポーツビジネスは好きだし、今勤めているメディアの会社もスポーツビジネスの一端である事は間違いない。ただ、自分がやりたいスポーツビジネスとは少し違う。もっとグラスルーツな現場に近いスポーツの世界への興味がある。案外チャンスは身近に転がっているような気がしているのだ。

それは2020年の東京五輪後の日本を想像する事や、「スポーツのグラスルーツ」をテーマに会社に新規事業の企画書を出したりした事から感じているものだと思う。本書に記載されている社会人向け夜間スポーツビジネス学校が勤務地から近かったりする事で余計リアルなものとして想像できた。チャンスが転がってきた時に手を挙げられるくらいの準備はしていて損はないはず。

本書を読んでスポーツビジネスを勉強したい欲が再燃した。会社が学校に通う学費を出してくれるかもしれないかな・・・なんて妄想をしながらも、上記企画書を片手間で仕上げた事を後悔した。

関連記事:【書評/読書感想】「スポーツ事業マネジメントの基礎知識」(金森喜久男)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/904-a8547eb0