センターバック革命 -ジョホール・ダルル・タクジム戦-

【ガンバ大阪 3-0 ジョホール・ダルル・タクジム】

この試合は3つのポイントに注目していた。

①新しいセンターバック コンビ
②ヤットのアンカー起用の是非(守備面の不安)
③オプション泉澤


②に関しては相手のレベルがさほど高くなかった事もあり、検証先送り。相変わらずの井手口の充実を観ていると、後半ヤットOUT→泉澤INで変更したボックス型4-4-2が最終的なベストシステムになりそうな気もするが、オプションは多いに越した事はない。③も出場時間が短かったので同様に検証先送り。一度クロスを上げるシーンがあったが、ボールタッチの雰囲気に佐々木勇人を思い出した。

この試合最大のサプライズであり、収穫は①の新しいセンターバックコンビ。いきなり総入れ替えを監督が判断するだけの事はあった。もちろん②同様に相手のレベルも考慮しつつ評価しなければならないながらも、「対人の強さ(空中戦含む)」「ビルドアップ」においてハイパフォーマンスだった事が嬉しい。なぜなら、そこは昨シーズンまでのレギュラーである丹羽、ジョンヤが持っていない部分であるから。センターラインの安定でチームは劇的に変わる可能性があると思わせる試合内容。

元々計算できたファビオはさておき、三浦(イグノに顔が似ている)の活躍は正直想像以上。年齢やサイドバックもできるマルチ性を考えればよく完全移籍で獲得できた。やべっちFCで見せたお笑いポテンシャルや、強気なライン設定、ロングフィードなどガンバサポーターに愛される要素は多く、フィットは早そう。今日を機に背番号2のユニホームの売り上げが一気に上がりそうだ。

関連記事:ガンバ大阪2017シーズンプレビュー



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/903-5276e619