【書評/読書感想】「サッカーおくのほそ道」(宇都宮徹壱)

一言で表現するのであれば「サッカーに対する考え方の多様性」を紹介した本。企業、選手、スポンサー、サポーター、スタッフ、監督・・・あらゆる立場の目線から“我がクラブ”を愛し、愛するゆえに苦悩し、もがく様を第三者の目線で書かれてある。サッカーはピッチ外の戦いも熱い。ノンフィクションでありながら、ドラマ性も高いので本の世界に没頭して一気に読み終えた。宇都宮さん著なので、もちろん取材対象はアンダーカテゴリー。初見の情報が多いのも魅力。


マスコットにも詳しい事で有名なライター・写真家 宇都宮徹壱さん(写真右)

印象深いのは東京武蔵野シティFCを紹介する章に書かれてある宇都宮さんの想い。宇都宮さんの地元クラブである東京武蔵野シティFCに対してJリーグクラブになるより、ビッグクラブになるより、身近に寄り添う存在であり続ける事を望んでいる・・・これは一冊を通じて一番伝えたいメッセージだったと推測する。ホンダロックSCのサポーターで「今そこにあるサッカーを愛せ!」と唄い続けるロック総統、奈良クラブで奈良劇場総支配人をエンジョイする岡山一成、ブリオベッカ浦安でクラブとしてはJリーグを目指せない中でも世界に羽ばたく選手を育てる事に熱い想いを持つ都並敏史・・・皆、Jリーグを目指すクラブ関係者よりイキイキと描かれていると感じたのは気のせいではないはず。

各章の最期には【付記】という形でクラブの“その後”が簡潔に紹介されているのだが、現実は甘くない事を教えさせられる。何かを犠牲にして、リスクを冒して上を目指すだけが選択肢ではないという価値観。それは決してネガティブな事ではないという考え方がこの本を通じて日本のサッカーファンに広がれば素敵だ。

関連記事①:【書評/読書感想】「フットボール百景」(宇都宮徹壱)
関連記事②:『J番記者による大忘年会2016』に参加してきた話



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/901-d0262236