『J番記者による大忘年会2016』に参加してきた話

媒体を介さないゆえに伝えられる事がある。いわゆる「オフレコ」話はなんで面白いんだろう。悪い事を皆で共有するドキドキ感か、はたまた一人では抱えきれない秘事を他人に共有できる解放感か。「SNSで書かないで下さいよ」と言いながら楽しそうに話す姿が印象的だった。

ロフト9渋谷で開催された『J番記者による大忘年会2016』に参加してきた。その名の通り、Jリーグの番記者さん達が今年のJリーグを総括するトークイベント。参加者の大半が30代~50代男性という見るからにコアサポーターであろう方々ばかり。Jリーグを支えるサポーターの縮図がこのイベントにあった。ライトファンはトーク内容の半分も理解できないであろうマニアックさ。蛸壷化著しいJリーグに相応しいイベントだった。


イベントは満席

■色んな視点でJリーグを観る面白さ

オフレコは厳守するので書ける事は少ないながら一言でイベントを総括すると「知らない事ってまだまだあるんだな」。番記者だからこそ知りうる「クラブ人事」、「スポンサーやサポーターの影響力」、「ロッカールームや試合後記者会見での監督・コーチの発言」等々の裏話。 別に必要以上にリアルを知りたいとは思わない。ただ、多少のオフレコを知りうる事で今まで以上に行間を読めるようになる楽しみはある。

また、視点を変える事で見えるものもある。トークテーマの1つに「堂安律に翻弄された今季のJ3」という栃木の番記者から観たJ3総括があった。ガンバサポーターはさほど気にしないであろう他サポのガンバ大阪U-23に対する見方を知れるし、相手の想いを知る事でその試合が持つ意味が増えてより観戦を楽しめるようになる。


律の出場有無が栃木と大分の運命を分けた!?

そういう意味では同じコンセプトでサポーターをスピーカーとしたイベントがあっても面白くなりそう。番記者しか知らないオフレコ情報があるように、サポーターしか知らない事件簿や流行はクラブ毎に特徴が出そうな気がする。今回のイベントでもアシシ氏が「ジェフ運営炎上事件」を語り、蒼井ちあきさんがガンバファン感で「小川と一美がGO皆川を披露」してからピッチ上での連携が深まった話をするなど、マニアックさは避けられないながらも一般的にはあまり知られていない小ネタは山ほどある。MCはドメサカブログの中の人 、SPゲストは盟主。チケット代は1000円(1ドリンク制)でどうだ。


炎上やアンチについて語るアシシ氏


毎試合つけているサッカーノートを披露する蒼井ちあきさん


宇都宮さんはアンダーカテゴリにおける面白ネタを連発

とまあ、例の如く堅苦しい事も書いたが、イベント自体はゆるい空気で、多くの笑いがあるものなので、興味を持たれた方は気楽な気持ちで次回参加してみてはいかがでしょうか(「エアインタビュー」の話題時に若干ピリ付いた空気が流れたのはオフレコで)。

関連記事:日本のサッカー文化に多様性を ~ヨコハマ・フットボール映画祭レポート~



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/892-5e9cba31