コアサポーターはJリーグを楽しめないのか?

「マニアがコンテンツを潰す」という格言はどの業界でも使われているらしい。要はコンテンツへの貢献度の高い一部ファン(マニア)がライトファンに排他的な態度を取ったり、コンテンツ側がマニアばかりを気にしてライトファン向けのサービスを提供できなくなる事を指している。

ライトファンは眩しい。ここ数年、「最近サポーターになりました」という方々と出会う機会が多いが、初体験を重ねる日々は刺激的である事が傍からも伝わってくる。常々「歴史(過去)をファン・サポーターで共有する事がよりコンテンツを面白くする」とブログに綴る自分はマニアだ。過去の共有を求める事はライトファンからすれば排他的に映るかもしれない。

ガンバが弱い時代を知らなくてもガンバが勝てば嬉しい。2002年ワールドカップのバッドマンを知らなくても宮本恒靖はガンバのレジェンド。2008年の暴動を知らなくてもレッズサポーターはなんかムカつく。それでいい。なんの問題もない。知らない事を罪だと思う心が罪なのだ。



■経験が熱量を下げる?

ここから本題。

前述の通り、Jリーグは継続的に応援する事で紡がれる歴史を楽しめるコンテンツだと思う。ただ、一方で積み重ねてきたサポーターとしての「経験」が感度を下げる時がある。

例えば、ナビスコカップ決勝。2005年、国立競技場で仙石さんのスタメン紹介を聞いた時は興奮で体が震えた。2007年のナビスコカップ決勝ではスタメン紹介時点で感情が高まり泣いているサポーターが自分を含め相当数存在した。

今は違う。

「2005年の忘れものを取りに来たぜ!」は2007年ナビスコカップ決勝前煽りVTRのメッセージだが、ガンバ大阪にはもうどこにも忘れ物がない。リーグも、ルヴァンも、天皇杯も、ACLも・・・初体験が残されていない寂しさがある。経験を積み重ねる事はコンテンツを楽しむ上で必ずしも是ではない。


だからこそコアサポーターは「未経験」を求めてACLアウェイやJ3の地方遠征に旅立つ

歴史を知っているからこそ楽しめる事があるのは事実。一方で2回目の方が感動できたという経験がない事も事実。クラブ(スタジアム)から距離を置いて接するスタイルに変えた“元・コアサポーター”を多数知っているが、たまに自分もJリーグに対する熱量が落ちているのではないかと不安になる時がある。

そんな時、自分の熱量を回復させてくれる存在がライトファンである事は多々ある。純粋にJリーグを楽しむ姿を見ると、自分ももう一度新しいサイクルを楽しませてもらえる感覚になれる。つまり、コアサポーターこそ実はライトファンの存在に支えられているのではないかと思い始めている。だからこそ、ライトファンが更に楽しめる手助けをしたいと思うし、その連続がコンテンツを発展させるはずだ。

関連記事:「アルプス一万尺」の歌い方 ~アウェイサポーターとして松本遠征を経験して~



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/887-c37ad0d7