【2nd 第16節】ガンバ大阪-アルビレックス新潟@吹田

【ガンバ大阪 3-1 アルビレックス新潟】

ヤットの「浦和、ぶっ叩きます」発言から1年。昨年のホーム最終戦セレモニーはCS進出も決まって盛り上がりの中終わったが、今年は健太監督挨拶時にブーイング、黄金の脚賞は周りから「今年は該当者なしかな」なんて声も聞こえてきた。直近の目標であるリーグ4位も大宮が勝ったので未だ叶わず。たまにはこういうシーズンもある。ただ、リーグ最終節、天皇杯はまだ残っているものの長いシーズンオフは寂しい。来週末からは部屋に引きこもりの日々だ。

■ブーイングの意味

クラブは健太監督へのブーイングをどう捉えるのだろうか。年間勝ち点が5位、ルヴァンカップ準優勝、天皇杯ベスト16は悪い結果ではない中でのブーイング。新スタジアム元年のチケット売上げも伸び悩んだ。

期待と現実のギャップがある。昨シーズンの総括から「あと1点を獲る」チームへの変貌を期待していたのに結果は原点回帰。今節も数的優位になってからのローリスクな戦い方は結果が出なかった場合には何が残るのかを考えるとモヤモヤする。特に被決定機が数回あったので余計にネガティヴな方の未来を想像してしまう。ブーイングを肯定はしないが、気持ちは理解できる。

まあ、勝った試合で文句を書くなんて我ながら偉くなったものだとも思うが。代表でも結果を出した第2次岡田監督時代のサッカーが批判され、攻撃的なザックジャパンへの期待感は高まった中での惨敗という歴史を見ると、正しいと思った道が本当に正しいとは限らない事を学ばなければいけない。ガンバに関してもこの手の議論は一生続くのだろう。だから、ずっと楽しめる。うん、脳トレの成果が出てる。

来シーズンもよろしく。


ホーム最終戦の特別バージョンパフォーマンス

関連記事:【書評/読書感想】「Jクラブ強化論」(田中直希)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/884-1365c950