【YBCルヴァンカップ決勝】ガンバ大阪-浦和レッズ@埼スタ

【ガンバ大阪 1-1 (PK 4-5)浦和レッズ】

結果論でしか語れないPK合戦において、呉屋にPKを蹴らした事は未来への投資だと考える。エース候補がこの悔しさを糧に成長速度を速めてくれるのであればPK失敗はむしろポジティブ・・・と脳トレマスターの丹羽ちゃんなら話すかもしれない。また、「PK失敗=号泣」が定番化している中で試合後の呉屋の堂々とした姿は頼もしかった。そのメンタリティがあれば次は決めてくれるはず。

「先行」、「ガンバ側ゴール」、「劣勢を耐えきった末」という3要素は≪PK合戦勝利の方程式≫に合致していたはずなのだが。対浦和戦において先制点を取ったゲームの勝率もかなり高いはず・・・そうしたデータ(ジンクス)を越える力が浦和にはあったという事なんだろう。昨年決勝の悔しさ直近対戦の大敗の想いを胸に長谷川ガンバの実力は出し切った感がある一戦だけにこの負けが持つ意味は重い。


3年連続の埼玉スタジアム決勝

レッズ優勢だった関係性が08年ACL準決勝を境に逆転した様に、このルヴァンカップ決勝は今後の関係性においてターニングポイントになる可能性がある。中立開催とは名ばかりの“アウェイ”埼玉スタジアムが強かった頃の雰囲気に戻ってきている事からも危機感を感じた。

ただ、その危機感や敗戦の悔しさはサポーターにとってモチベーションでもある。ビッグゲームでの敗戦こそクラブ愛が深まるもの。一つのサイクルが終焉したと思っていたチームが見せた前半のハイパフォーマンス、延長後半まで劣勢を耐え続けた意地や執念はこのチームがまだ死んでない事を証明していた。球際や運動量で無双状態だった井手口を筆頭に個人レベルで大いなる伸びしろを感じる選手もいる。

きっと、この敗戦は未来につなげられる。


そのもみあげは長谷川健太リスペクト?

関連記事:【Jリーグ第10節】ガンバ大阪-浦和レッズ@吹田



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/882-d31af3a3