【YBCルヴァンカップ準々決勝 第2戦】ガンバ大阪-サンフレッチェ広島@吹田

前回のエントリで「スコアレスを視野に入れた戦い方を選択したら眠い」という趣旨の事を書いていたのに蓋を開けたら今シーズンナンバーワンの大味なゲームになった。先制点を取られた時点で2点を取りに行く必要が出てくるという・・・毎年恒例ながら「アウェイゴール」のルールは本当に良くできている。考えた人は天才。

前節の呉屋の活躍に代表される通り、ルヴァンカップは新戦力の活躍を期待したい大会であると同時に2試合通じてのマネジメント能力も試される大会。ゆえに、第1戦を休ませたヤットやアデや長沢が活躍した点はポイント高い。2試合をトータルで考えて戦うとはどういう事なのかを経験的に良く知っているのはガンバのアドバンテージ。

1戦目でヤット温存→2戦目はもはや定番。準決勝がホーム→アウェイという順番である事も考えても、アウェイゴールが求められる第2戦にヤット全力という起用法は検討の価値あり。準決勝直前が浦和戦である事を考えても消耗している可能性はあるし。ザックジャパン後期のようなヤットの起用法はそろそろガンバでも考えた方がいいかもしれない。コンディション次第でまだまだ活躍できる事は証明されているので尚更そう思う。

関連記事①:【書評/読書感想】「通訳日記 ザックジャパン1397日の記録」(矢野大輔)
関連記事②:ガンバ大阪 2014シーズン総括 -健太監督、チームマネジメントの勝利-



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/865-4dd69e8e