【YBCルヴァンカップ準々決勝 第1戦】サンフレッチェ広島-ガンバ大阪@エディオン

【サンフレッチェ広島 1-1 ガンバ大阪】

実にナビスコらしい結末になった。失礼。ルヴァンカップ。ニューヒーローの活躍で価値あるアウェイゴール。これですよ。メンバーの入れ替えがあっても、藤ヶ谷、パトリック、藤本というベテラン勢がスタメンに名を連ねるというチームに末期感を感じつつあった中で若手のゴールで次につなげたのはルヴァンカップが理想とする存在意義そのものだと思う。まるで変化を付けれない攻撃に「フタがいればなぁ」と超ベテランの事を思い出していた自分のメンタリティを変えてくれる一発だった。やっぱり未来を見なければ。

この試合しかり、バイタルまではボールを運べていたのでフィニッシュの部分を自力でもっていけるFWがいる意味は大きい。あのドリブルシュートは長沢にもパトにもアデにもないもの。ガンバが強かった頃はマグノ、アラウージョ、イグノ・・・最後の仕上げはFWにお任せな部分があったので、そんな時代の事を思い出した・・・って、過去を振り返ってばかりだ。いかんいかん。

次節はどういう戦い方になるのだろうか。長谷川監督的ならスコアレスも視野に入れた戦い方をしそうだ。眠いぜ。しっかり睡眠を取って応援するとしよう。

関連記事:【2nd 第6節】ガンバ大阪-サンフレッチェ広島@吹田




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/864-60bb31b7