【2nd 第10節】湘南ベルマーレ-ガンバ大阪@Shonan BMW

【湘南ベルマーレ 1-2 ガンバ大阪】

試合に出続ける事の重要性を感じる一戦だった。

序列がパトと入れ替わった感のある長沢は2得点という結果もさることながら、それ以外のシーンにおける貢献度が明らかに増していた。以前から効果的だった守備の献身性に加えて、攻撃面でも潤滑油的な役割を果たしていた。長沢がチームに合わせるようなれたのか、逆かは分からないながら、以前は多少の異質感もあった長沢のプレーがチームの意図にしっかり組み込まれている。

一方で途中出場のパトはリード展開におけるカウンター要員というシンプルなタスクもこなせない試合が続く。得意だった裏抜けも周りに合わせようとする気持ちが空回りするのか、迷いのある動き出しで出し手と呼吸が合わないシーンが短い出場時間の中でも数回。

DFでは昨年は「4番目の男」だったジョンヤのパフォーマンスについて。最も求められる対人の守備で最後まで体を寄せる事が出来ている事がまず素晴らしいし、課題であったビルドアップも力が抜けてスムーズになっている点に試合勘も重要性を感じる。岩下ほどチャレンジングではないながらも、前半戦では選択しなかったであろう中距離の浮き球でのパスや、ダイレクトではたくシーンもあり周りが見えてきている感がある。

そして、西野である。久しぶりに守備固め要員として試合終盤に出場。空中戦の跳ね返しを求められての起用だと思うがミッションをこなせたかは微妙なところ。まあ、DFの途中出場ほど難しいものはなく、メッセージ的にもチームを「受け身」のメンタリティにさせる采配が西野的にもチーム的にも効果的だったのかは大いに疑問ながら、レギュラー奪取へのアピールにはつながらなかった印象。

結局、試合に出続ける事が最も成長につながる中でベンチの選手が序列を逆転させる難しさを痛感している。ただ、それゆえそれを実現させつつある長沢には最大限の賛辞を贈りたいし、そういうチーム内の競争こそがチーム力を向上させる。パトリックや西野の力が必要になる時は終盤戦こそ可能性は高くなるし、そこでのパフォーマンスがチームの1年を左右したりするもの。3冠シーズンにおける佐藤やリンスというベンチの時間が長かった選手達の活躍をガンバサポーターは忘れていない。

関連記事①:【Jリーグ第32節】浦和レッズ-ガンバ大阪@埼スタ
関連記事②:【Jリーグ第27節】鹿島アントラーズ-ガンバ大阪@カシマ



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/862-c1826d58