2007年 Jリーグ入れ替え戦 京都サンガVSサンフレッチェ広島

入れ替え戦 第1戦


京都サンガVSサンフレッチェ広島

      2-1

得点者


前半28分 田原 豊         後半43分 平繁 龍一
前半40分 田原 豊



こんばんわ。こ~@愛読書は「日経エンターテイメント」です。今月号の表紙は新垣結衣です。

今日は入れ替え戦が行われました。第三者的には第2戦につながる非常に面白い試合の終わり方をしたのではないでしょうか。終始劣勢の広島にとっては残留に望みをつなぐ値千金のアウウェーゴール。2点リード後も追加点のチャンスが何度もあったのにも関わらず決めきれなかった京都にとっては次節に不安を残す痛恨の失点。言わずもがなアウェーゴールの意味はとても大きく次節ホームで戦う広島にとって1-2というスコアはそれほど痛いものだとは思いません。しかも、0-2から終始劣勢の中、終了間際のワンチャンスで決めたゴールとなればさらに意味があるゴールとなります。精神的にも大分楽に第二戦を戦えるでしょう。

それゆえに試合終了後の京都監督・加藤氏のガッツポーズには違和感を覚えました。試合はまだ半分が終わっただけだし、3-0、4-0で勝てた試合を2-1で終えてしまっている詰めの甘さ。別にどっちのサポーターでもないですが何か嫌な予感を感じます。チャンスを決めきれないチームに勝利はないのではないしょうか?

ただ、試合内容は完全に京都のものだったことも事実。京都が強いのか広島が弱いのかは分かりませんが前半を終えた段階では大差がつくとさえ思いました。J2とはいえ京都はたくさん勝ってこの入れ替え戦に出場しているチーム。負けまくって入れ替え戦に出場している広島とは勢いが違うのかもしれません。勝者のメンタリティってやつもあるでしょう。

広島はチグハグ。ゴールの予感がまるでしない攻撃。同じ形で失点する守備。うちは本当にこのチームに4日前引き分けたのでしょうか?可能性を感じるのは柏木選手がボールをもった時くらい。オシムじゃないけど一人一人が少しずつ無理をしないとゴールは生まれないものです。守備もGK下田選手はクロスへの対応が不安定。ガンバ戦でも同じ事を思いましたが、京都の右サイドの選手が勢いがあるだけにこの辺りを修正しないと同じような失点をしてしまう可能性もありますね。

ネームバリューだけで考えたら広島が圧倒的に有利なのは誰の目にも明らか。ウイイレでCOM対決させたら3-0で広島が勝ちそうです。けど、今日の試合を制したのは京都。先週末の横浜FCVS浦和しかりサッカーは面白いねぇ。

最後に第2戦の予想スコアを書いて終了しておきましょう。

2-1で広島の勝ち。延長戦でも決着がつかずPK合戦へ。で、広島ビックアーチの観客が2万人を超えていた場合は広島勝ち。2万人以下なら京都勝ちで。

最後はサポーターを含めJ1への想いが強い方が昇格すると思うので。

では、土曜日の試合を見れるのかどうか今のところ分からないのですが両クラブの健闘を祈っております!


P.S.パンパシのオフィシャルツアー希望!!


もしよろしければ投票クリックお願いします!





コメント

かわびさん>コメントありがとうございます。

京都は真ん中からの攻撃は脅威ではないのでサイド攻撃を防げれば勝機はありますね。ターゲットは田原なのでDFは盛田のような上背のある選手を入れておいたほうが有効ですね。他サポ的には服部あたりには脅威を感じません。クラブの更なる発展のためにも勝利のためにも若手を使っている時のほうがここ2試合は広島さんいいチームだと思うので明日はスタメンにも注目しておきます!

確か明日は入場料が子供100円ですよね。お客さんはいるでしょう。「勝たせます」っていう気持ち最高です!そういう気持ちをもったサポーターがたくさんビックアーチに来れば勝つと思います。

健闘を祈っております!では、来年万博でお持ちしております。

勝たせます!

はじめまして、J.B.Antennaから流れてきました広島在住のサンフサポです。

戦評を的確に捉えられたテキストを読ませていただいて、すごくすごく勇気が沸いてきました。
第1戦は後半にDFを入れ直し、そこからは無失点で抑えることが出来ましたし、明日はリーグ最終戦みたく若手を多く使ってくれる筈。
しかもホームです。
クラブ側も集客を頑張ってくれてるみたいなので2万人オーバーはいきそうな感じ。
これで選手らが奮い立ってくれない筈が無い!(・・・と願ってます)
絶対に勝利&J1残留させ、来季も万博へ遠征したいと思います。

そちらは天皇杯、こちらは入れ替え戦。
どちらも勝利し、(天皇杯)準決勝で対戦できるとイイですね。
広島の地から応援してます!

ps...最終戦ではお体、大変でしたね。 とりあえず回復されたとの事で良かったです。
これに懲りず、また来季もビッグアーチへお越し下さいませ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/85-c3fd05d3