【2nd 第2節】ガンバ大阪-ベガルタ仙台@吹田

【ガンバ大阪 3-1 ベガルタ仙台】

一進一退を繰り返していた今シーズン。そんなチーム状態に連動する形で連勝もなかった訳だが、セカンドステージは連勝スタート。戦い方は前節・鹿島戦と同じ。チームの状態は「改善」されたかもしれないけど、「進化」した訳でもない原点回帰なスタイル。3点目を狙うのではなく1点を守る選択としての3枚目の倉田→ジェソクという交代策に指揮官の気持ちの整理がついた事を感じた。長谷川健太監督ではこのスタイル以上の上積みはない悲しさを伴いつつ、勝ち点は安定的に稼げそうではある。

スタメンもシステムも変えない戦い方を選択する事で「前節からの改善」という1st.ではなかった本来あるべきサイクルも復活。宇佐美退団が直結する左サイドは前節上手く使えない時間帯もあったが、今節では宇佐美時代にはなかった人数をかけて崩すシーンが多々あり、ガンバのストロングポイントである藤春のスプリント力が増したように見えた。藤春はバックパスが減って、抜ききらない状態でのクロスが増えた事も印象的。阿部も大森もダイナゴラルランが上手いので「左で崩して右で仕留める」パターンの確立は近い!?

また、宇佐美移籍による意外な副作用としては「ヤットのセットプレー」が武器になっている事。一時期は明らかにキックのクオリティーが落ちていて、それゆえ宇佐美へのキッカー交代があったと推測するが、ヤットのセットプレーから2試合連続弾。今節の米倉弾や前節のジョンヤ弾がピンポイントを狙ったのかは定かではないながらも球筋は鋭い。岩下やパトという高さがないマイナスを感じさせない。


今節は「サタデーナイトマッチ」。ガンバサポの水沼さんがゲスト

次は中3日。水曜日に大宮戦。これまでの健太監督なら連戦ゆえに若干メンバーを変えてくる傾向がある。運動量が求められるスタイルゆえ当然の選択だとは思うが、今の良いチーム状態をどう考えるか…その次は福岡戦だし…。起用法における残り課題は藤本淳吾。当初は右サイド起用が多かったが…今はどうかな。今のチームだとヤットの代役が適当だと思う。水曜日に出番はあるか。

関連記事:【2nd 第1節】鹿島アントラーズ-ガンバ大阪@カシマ




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/844-d3bf2d83