【Jリーグ第15節】ガンバ大阪-湘南ベルマーレ@吹田

【ガンバ大阪 3-3 湘南ベルマーレ】

迷路を歩いているようなループ感。シーズンも半分が終わるタイミングでベターなバランスを見つけられていないチームとか残念過ぎる。3-3の打ち合いは長谷川ガンバにおいては「ガンバらしいスコア」とは言えず、チームの完成度の低さをよく表してるスコアだと思う。

昨年までなら考えられない「宇佐美+ヤット+アデミウソン」という攻撃的な2列目の効果が出ているのであればまだしも、アデミウソンの守備やビルドアップを気にして試合中にポジションを変更する中途半端感。2回も勝ち越して勝ち切れない長谷川ガンバとかチーム崩壊に近いと思うのだが。

主たる攻撃の形であるパトリックや藤春の裏抜けダッシュは別にこのメンバー構成じゃなくてもできるし、フィニッシュを期待していたアデミウソンはワンタッチでボールをはたくお膳立てプレーに終始し、FWとして才能が開花したはずの宇佐美は守備への貢献度と逆比例してフィニッシュの恐さが薄れていった。指揮官に攻撃面を強化する能力がない中で選択する戦い方は中途半端……バーベキューでもしながらクラブ関係者で意思統一したら?

また、後半戦へ向けて、宇佐美の海外移籍は仕方ないとしても、噂される阿部(謎のベンチ外が続く)までもが放出されれば原点回帰すら難しくなるし、チームの年齢バランスの面から考えて数年間は引きずるダメージ。

改善への道筋が見えない。先が見えない中で戦うのは難しい。




関連記事①:【Jリーグ第6節】湘南ベルマーレ-ガンバ大阪@BMW
関連記事②:【俺のアウェイ飯】「おかめ」(湘南ベルマーレ/BMWスタジアム)





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/838-c403ad38