【Jリーグ第11節】アルビレックス新潟-ガンバ大阪@ビッグスワン

【アルビレックス新潟 0-0 ガンバ大阪】

試合終了後の長谷川健太監督の表情を見ていると、心が折れてしまったんじゃないかと心配になった。ぶれない事も大切。一方で何かを変えないと先に進めない事も事実。現状の長谷川ガンバはどっちも中途半端。

一旦は原点回帰を決心したように見えたのだが、勘違いだったよう。迷いばかりが表に出ている感じで、迷う上でも指針がないように見える。どういうサッカーをしたいのかゴールを意識しないで試行錯誤を繰り返しているようにしか見えない。

これだけ時間があって何も変わらないのだから長谷川監督は限界ではないだろうか。後任を任せられる適当な人材の有無は関係なく、改善の兆しがまるで見えない以上、選択は早い方がいいはず。少なくともクラブはデッドラインを提示すべき。

今節も内容的には敗戦と捉えるべき一戦。序盤こそ岩下復帰でビルドアップが改善され、スムーズにボールを前に運べたものの、前半途中から試合終了までは良かった点を探すのが難しい。あれだけの被決定機でドローで済んだのは幸運でしかない。

戦前報道で「宇佐美とアデミウソンの2トップが濃厚」とありながらも結局、両方とも2列目起用だった事が象徴する中途半端感。この試合のためにACLは主力を温存したはずなのに、ACL出場組が多く出場する中途半端感。

長谷川監督十八番コメントである「前を向いて進むしかない」が虚しい。前を向いているのか疑問。前後左右キョロキョロして同じところを回っているようにしか見えない。

関連記事①:【ACL遠征記】メルボルン・ビクトリー-ガンバ大阪@AAMI Park
関連記事②:【書評/読書感想】「一流のリーダーたちから学ぶ勝利の哲学 今すぐ実践したい指導の流儀」(長谷川健太)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/827-3e28b713