「ヤフオクドームツアー」に参加した話

4月下旬からG.W.にかけて国内外のスタジアムツアーに合計4つ参加した(※下記関連記事参照)。ACL遠征で訪れたメルボルンのスタジアムツアーは「歴史」と「コミュニティ」を意識したガイドが勉強になったが、今回紹介する「ヤフオクドームツアー」は≪ミーハー≫な印象が強い。記念撮影スポットが多く、ヘルメットやユニホームのレンタルもある徹底ぶり。SNS(何でもシェア)時代において、重要なアプローチだなと感心した。また、試合前の練習をしている選手を間近に見れた点もポイント高い。

そして、ドームツアーとセットで見学した「王貞治ベースボールミュージアム」がすごかった。展示物の多さだけでも王さんの偉大さを再確認できる。また、現役時代の映像が意外にも結構残っていて、当時の空気感を知れるのもありがたい。「背景」や「歴史」を知る事はそのコンテンツを楽しむ上で重要である事は間違いないので、Jリーグにもこういう大規模ミュージアムがスタジアム建設と並行して建つ事を期待。

Jリーグサポーターの皆様、福岡や鳥栖へのアウェイ遠征の際に訪ねてみてはいかがでしょうか?オススメです。

■ヤフオクドームツアー
http://www.softbankhawks.co.jp/stadium/backstage.php


見学時は試合前の練習中でした


ガイドの方


間近で見学出来ます


スタジアムツアー定番の「記者会見ルーム」


ブルペン


試合前に軽食を食べる部屋との事


ロッカールームはホームチームとビジターでこんなに差が


実際に試合が観たくなりました


スタジアムツアー後は王貞治ミュージアムへ


展示物の数が凄いです


現役時代(巨人グッズ)中心


昔の映像を見る機械。データでアーカイブ化されてます


大きなスクリーンがある部屋


ミュージアムからも観戦可能


我らが太陽の塔とのツーショット


この大掛かりな仕掛けが何か気になる…


お邪魔した4月下旬には柳田選手展開催中


触れる展示物も


「ゲームコーナー」もミュージアムの定番


面白かったのは実際にプロ投手が投げる球の速度体験ー


最後はペッパーがお見送り

関連記事①:【ACL遠征記】メルボルン・クリケットグラウンドのスタジアムツアーに参加した話
関連記事②:【ACL遠征記】「ETIHAD STADIUM(エティハド・スタジアム)」ツアーに参加した話
関連記事③:【ACL遠征記】「ROD LAVER ARENA(ロッドレーバーアリーナ) ツアー」に参加した話



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/826-d16b37cb