【ACL遠征記】「ETIHAD STADIUM(エティハド・スタジアム)」ツアーに参加した話

前回書いた「MCG」に続くACLメルボルン遠征で訪れたスタジアムツアーの第2弾。今回は「ETIHAD STADIUM」ドックランズ・スタジアム (Docklands Stadium)とも呼ばれている。

ここは過去にガンバの他、JリーグクラブがACLにて試合をしているのでお馴染みのスタジアム。場所は「サザンクロス駅」というメルボルンの超都心に位置し、駅から徒歩数分のアクセスの良さ。周りはビジネスビルだらけなのでメルボルン市民は仕事帰りにスポーツ観戦という習慣がありそう。日本で例えれば「東京駅」や「梅田」にスタジアムが建つイメージ……羨ましい。

スタジアムツアーは15ドルで1日3回開催。試合翌々日に参加したのでガンバサポいるかなと思ったら誰もいなかった。というか、ツアーの参加者は全員で3名。ほぼ貸し切り状態で喜ばしいのだけど、英語が話せない私的にはなかなかハードな1時間半だった。また、ガイドのおじさんはやたら写真を撮ってくれます。記念写真好きの方にはオススメ。


スタジアム外観


スタジアムツアーはGATE2から受付へ


大人は15ドル


チケット代わりにパスを貰えます(持ち帰り可能)


屋根は開閉可


VIPルームからの眺め。楕円形のピッチはAFL仕様


観客席は53000人収容


観客席は可動式でサッカーの試合時は前に出てくるとの事


スポーツ以外に音楽ライブや・・


バイクのイベントまで開催される利用シーンの幅広さ


メディアルーム(紙媒体)


TVスタジオ


初めて聞いた「タイムキーパールーム」


メディアセンターの中に入ると…


記者会見ルーム


一緒に周ったおじさんもノリノリ


ミーティングルームはMCGと同じレイアウト


リハビリでも使うお風呂


スポンサー看板。日本でも馴染みの企業も


ウォーミングアップ場


審判用通路は安全面を考慮して屋根付き


選手用の入退場口は開放的


あぁ……最高の眺めだ


ここでプレーしてみたい


ベンチは意外に質素


スタジアム内はWi-Fiがi飛んでいて、良い席の人はタブレットでスタグルを注文できるらしい


コンコース


スポンサーが年間で購入している席には企業ロゴ

そして、やっぱりこのスタジアムでもMCG同様に「企業ルーム」や「メンバーズルーム」類いの部屋が充実。ウィキペディアで調べると≪13 宴会場≫≪66 企業ボックス≫らしい。それだけ稼働しているのが凄い。スタジアムは社交場であり、ビジネススペースであり・・・いやはや、メルボルンに住みたいですな。


メこんな場所で試合前の時間を過ごせたら快適だろうな


ゲーム


企業ルーム。あらゆるスポーツグッズコレクションも展示


ガイドが「W杯で優勝した時のトロフィーだ」とオーストラリアンジョークをかました展示物


マーク・ヴィドゥカのスパイク。彼はメルボルン出身


色んな雰囲気のカフェが存在


勿論、バーもあります


結婚式の二次会とかできそう


ガイド曰く「超VIPしか入会できないクラブ」


ガイド「この部屋はお金の匂いがします」


ここで食事するのは観客に見られて恥ずかしい気がする


また違った会員限定のスペース


料理はとても美味しいとの事。スタグルのレベル高そう


スタジアムの名前にもなっている「ETIHAD航空」の部屋

関連記事:【ACL遠征記】メルボルン・クリケットグラウンドのスタジアムツアーに参加した話



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/821-4573413c