【ACL遠征記】メルボルン・クリケットグラウンドのスタジアムツアーに参加した話

メルボルン遠征記を決めた理由の一つに「メルボルンはスポーツの町だから」という事がある。それをよく表している写真がある。



写真上部に写っている大きな丸い施設が今回紹介する「メルボルン・クリケットグラウンド(MCG)」。MCG周辺にもスタジアムが集中しているのが分かって頂けるはず。ちなみに、このエリアは都心の環状線からひと駅離れたに過ぎない場所で、東京で例えれば「浅草橋」、大阪だと「東淀川」みたいな事。日本では想像できないスポーツ施設の在り方で、まさに「スポーツの町」。


MCGの外観


入口にはレジェンド選手(クリケット)の銅像


最寄は「リッチモンド駅」


MCGの隣には全豪オープンの会場「ロッドレーバーアリーナ」や…


ガンバがACLを戦った「AMMIパーク」


このエリアは「オリンピックパーク」と呼ばれていて…


五輪のエンブレムがあらゆる場所に


カフェ併設で快適に練習見学が可能なクラブハウスも


クラブハウス内に飾られていたトロフィー


グッズショップも勿論併設(海外は子ども用グッズが豊富)


おしゃぶりはスポーツグッズの定番


AMMIパークだけでも4つのクラブチームが利用


芝生がある景色は素晴らしい


クリケットチームのエンブレム

そして、いよいよMCGの中へ。所要時間は充実の2時間。つまり、見所が沢山あるという事で、ガイドさんはスタジアムの各施設の説明や、歴史を話してくれた。なかなかのハードワークだと思うが、ボランティアらしい。これがスポーツが文化になるという事だと思った。ボランティアの一人一人が地域の財産であり、誇りなんだろうなぁ…と。このMCGツアーは人気ゆえに時間指定ではなく、随時出発。つまり、ボランティア(ガイド)の数も多い。すごい。


ガイド。ACLの結果も把握されてました


芝生を暖める機械


観客席


ベンチにはゲータレードの広告


観客席から見たピッチ


傾斜


スタジアムからの景色。都会に存在する事が奥に見えるビルから分かる


クリケット用のアップ施設。ブルペン的なスペース?


スマホ充電器。スタジアム内はWi-Fi完備


プール。クールダウン用


ウォーミングアップ施設


マッサージルーム


ミーティングルーム


記者会見ルーム


メディアセンター


紙媒体用ルーム


TVメディアルーム

MCGはかなり大きなスタジアム。映画館やホテルが入っているなど複合型ではないが「カフェ」「VIPルーム」「メンバーズルーム」などコミュニティを意識した部屋が大量に存在するのが特徴。メルボルンにおけるスタジアムの使い方が窺い知れる。スタジアムは単なるスポーツを観る場所ではない。スタジアムを中心とした街づくりがあるのだろう。想像すると羨ましくなった。


メルボルンは街中にも、スタジアム内もカフェだらけ


スポンサールーム


コンコース。ホテルの様な雰囲気


会員が入れるスペース


クラブハウスの入口?


スタグルというレベルではないグルメが提供されそう


博物館的な機能があるのも特徴


MCGの歴史を表現した絵


クリケット初期の頃の様子?


絵以外も

2時間のスタジアムツアーで感じたのはスタジアムは機能面だけでは語れないという事。所詮スタジアムは「箱」に過ぎず、どれだけ素晴らしい施設や最先端の技術があってもそれがスタジアムの評価には直結しない。スタジアムは「生き物」で、どのような歴史を重ねてきたかで価値が決まる。スタジアム内のあらゆる場所でスタジアムにまつわるエピソードを教えてくれるガイドさんの言葉にMCGの重厚な雰囲気を形成しているものが何か理解した。

そして、以下の写真はスタジアム内に併設されている「国立スポーツ博物館」の一部。スタジアム同様に非常に大きく、3時間程度滞在。凄まじい量のコレクションがあるのだが、競技毎の展示数から推測するにオーストラリアにおけるスポーツは結局「AFL」と「クリケット」なんだと思う。


カンガルーとコアラのアニメーションはオーストラリア中で目にした


クリケットチームのユニフォーム


クリケットの名シーンを流しているエリア


サッカーはこれだけ


サラブレッドの骨


オンラインでのデータ保管が多い事も特徴


年代別にAFLのTV番組を視聴できる機械


ゲームでスポーツを体験できるコーナー


最後はグッズショップでフィニッシュ

関連記事①:【ACL遠征記】メルボルン・ビクトリー-ガンバ大阪@AAMI Park
関連記事②:【サッカー写真館】ブラジルワールドカップ
関連記事③:【サッカー写真館】インドネシアサッカーの風景 ~サポーター編~



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/820-8170c03d