呉屋は常に狙っている ~対FC東京U-23@夢の島~

日経エンタテイメントに週刊文春編集長のインタビューが掲載されている。スクープを連発できる要因は「常に狙っているから」と回答していたのが印象深い。編集長のメンタリティはストライカーだと思った。ゴールから逆算した入念な準備や多様なアプローチ。信頼関係ありきの情報提供。すべてサッカーにも通ずる事ばかりだ。


キックオフ直前までは暴風雨

夢の島に行ってきた。ここにも「常に狙っている」男がいた。呉屋だ。

ガンバゴール裏側に攻めてくる後半はずっと呉屋の動きを追った。シュートを最優先とした動き出しを繰り返す姿に今のトップチームに足りない姿勢を見た気がした。あそこまで裏やシュートを意識している選手は記憶では将生以来。将生はゴール以外の動きを多く求められて本来持っていた良さも消えていったが、呉屋はそのあたり将生よりもマルチにプレーできる点において可能性を感じる。

ただ、自分の良さを出す事は忘れて欲しくない。U-23ではワントップゆえにポストプレーなど求められる役割が多い他、ターゲットが呉屋1人ゆえに相手のOAである高橋秀人中心に抑えられていた時間帯が長かった。ただ、トップチームでは宇佐美やアデミウソンといったラストパスを出せる選手のサポートや、ポストプレーなど献身的な部分をこなせる長沢と2トップでペアを組ませれば良さを出せるのではないか。トップチームの課題であるフィニッシュ面での恐さを出せる選手になるかもしれない。

J1でも常に狙っている姿を観てみたい。




関連記事:「変えない」という選択の未来は? ~平井将生のアビスパ福岡でのプレーを観戦して~



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/811-578db75d