それでもやっぱり前に進んでいく~第33節 VSヴィッセル神戸~

Jリーグ第33節

ガンバ大阪VSヴィッセル神戸

            1-1

得点者

40分:FW 11 播戸竜二           89分:DF 11 茂木弘人


タイトルとは裏腹に今はそんな前向きな気持ちではないです。試合後はのりちゃんの引退表明がなければブーイングしたかった。引退セレモニーで試合終了直後の感情がうやむやになった感じ。試合後の「いつまでもずっと~」のチャントもどこか気持ちがこもらない。けど、不思議と苛立ちはなかった。苛立ちって次があるときにでる感情なんかな。ただただ脱力した。こんな残酷な終戦の仕方があるなんて想像もしてなかったよ。苛立ちとか悔しいと言うより情けないって感情が先行してる。次の試合に対する気力が今は出てこない。試合終了後にまず思ったのは「マグノはこの結果を聞いた時どう思うんだろう」。なんか虚しい。こんな自分が。これが終戦ってやつですか?

けど、今はちょっとムカつく。こんな時期にこんな自ら勝利を手放してしまうような試合をした事に。しかも、2試合連続で。同じシステムで同じような展開で同じように決定機を外して同じように土壇場で同点ゴールを食らう。バレー、マグノに「お前がいなくても俺がいる」ってとこを見せてやれよ。

こういう試合をしてしまう原因はシステムうんぬんではないのかもしれないけど、3バックにする利点ってミチを高い位置を取らせる様に意識させる以外どういう利点があるのかわかんね。意識しだいで4バックでもミチなら今日くらい攻撃的にいけるはず。今日は前半に関しては特にミチのクロスから以外点が入るのイメージできなかった。その形でゴールが生まれたから良かったのかもしれなけど、それ以外の面で特にビルドアップに苦労してる印象を受けたし、流動性が4の時と比べてない気がする。後半は逆にミチのサイドが押さえられて右のハッシーが空いたんだけど本職でないポジションで守備的なプレーを得意とするハッシーにドリブル突破とか正確なクロスは求められない。もどかしかったよ。リードしている展開とはいえあそこは右に攻撃的な選手をもってくる選手交代をしてほしかった。相手の左サイドは古賀だっけ?ハッシーを置くほど攻撃が恐い選手だとは思わないけど。適材適所がシステムの基本だと思ってる人間としては右ストッパー中澤,右サイドMF加地さんでいいとじゃないのかと。加地さんのストッパーが結構いい事とか中澤、ハッシーへの信頼度の差とかも影響しているんだろうけど。結果が出ていないからね。

まあ、「たられば」は尽きないですよ。


最後に。のりちゃん本当に現役生活お疲れ様でした。長い間、ガンバ一筋でプレー面以外でも多大なる貢献をしてくれてありがとうございました。年齢的に引退の可能性もあるだろうなとは思っていたけど、いざこういった形で発表されると本当にびっくりしたし、悲しい。のりちゃんは小学生の頃にガンバを応援しはじめてからずっといる選手なので思い入れは他の選手よりも深いです。ここ数年、松波、ツネ、のりちゃんと子供の頃から憧れていたガンバの選手が一人また一人と万博のピッチから去る姿を見るのは仕方ない事とはいえ寂しい。のりちゃんがいなくなる事でガンバがガンバでなくなるような錯覚さえおこしそうです。のりちゃんの引退で自分の記憶における昔からガンバにいる選手は一回移籍があるとはいえ播ちゃんくらい。まだ20代の私ですが、ガンバに関しては時代の移り変わりを感じずにはいれません。これもまたサッカーなんだね。のりちゃんがいなくなってもガンバは続くし、選手もサポーターもこの歴史を胸に前に進むしかないのだろうね。のりちゃんは松波同様一生忘れる事ができない選手ですし、引退後も何かしらガンバに関わってくれる事を期待しています。本当に本当にありがとうございました。


P.S.「實好コール」してくれた神戸サポの人もありがとうございました。


もしよろしければ投票クリックお願いします!

コメント

はじめましてです!
テレビで浦和-鹿島戦終了したころに他会場結果の神戸のところに1が点滅。優勝争い脱落。悲しかった。
ぼくも守備のためのサイド起用は反対です。
11/10ジェフ戦観戦したんですけどなんか後手に回ってる気がするんですよね。
古賀は本山らと東福岡が高校3冠達成したときのメンバーです。左足のすごいやつっていうインパクトが残ってます。

うにさん>確かに録画見て「古賀もなかなかやるな」と思いました。確か彼は高校時代自分の左足のシュートの威力が強すぎて左ひざを痛め続けたというレフティモンスターではなかったでしょうか?東福岡だったかな?

ただ、それでハッシーを代えないというのは受身な気がして嫌なんですよ。水野や森対策であえて左サイドでミチを高い位置にとらせた「攻撃は最大の防御なり~」的な考え方の方が好きです。うにさんの言うとおり4にすぐ移行できるメンバーでしたし移行するか、3バックを維持するなら個人的にはハッシーに代えてチン君でも良かったと思っています。後半は右からチャンス作れたし、もう1点取れば終われる可能性の高いゲームだったと感じているだけに勝負に出てほしかったですね。勿論、中澤インの加地さんを上げるパターンでも中澤の高さを得れる選択肢なのでアリだと思いますが。中澤入れたらバレーを代えやすくなる気もしますし。

時間の使い方は中途半端なのは感じています。西野に関してはリードしている時に動けない監督というイメージがずっとあります。


ちいまゆさん>右サイドハッシーは守備は安定するかもしれないけど、攻撃面での期待ができないんですよ。渡辺光輝状態ですよ。加地さんなら攻守両面での貢献が期待できるしひとつあげる選択肢はありだったと感じています。それに中澤や青木、のりちゃんをベンチに入れていますが、どういうシチュエーションで使おうと考えてベンチにいれているんかって感じです。西野監督の頑固さっていうか動かなさ(動けなさ)には疑問を感じることが多いのは否めないです。


☆★後 藤真 希★ 解禁!!★さん>マジで!?すごいやん!

って、気づいたらトラックバックの承認こんなサイトで溢れ返ってた・・・orz

>右ストッパー中澤,右サイドMF加地さんでいいとじゃないのかと
あたしも同じコトを思ってました。
あそこにハッシーじゃあ、ちょっとねぇ…;

それにしてもホーム最終戦であんな残酷な結果に終わるなんて思ってもいませんでした。
今期のガンバを象徴する試合と言ってしまえば、それまでなんやけど。
最終節はガンバらしく勝って締めくくってもらいたいですね。

クサクサですわ。

神戸に来てからの古賀は結構良いですよ。
古賀の脅威が橋本を代えられなかった理由だとは思いますが
4バックにすれば別に古賀の脅威は抑えられたと思うんですよね…
3バックを維持するにしてものりちゃんなり中澤を入れて
加地を右サイドに上げてもいいですし。
それ以上にロスタイム前後にキープに入らなかったのも正直疑問が残ります。
バレーや播戸をちんや家長に代えて時間を使いつつ
キープ要員とするって方法もあったと思うんですけどね。
バレーはセットプレー時の高さもありますし
前線からの守備を重視したかったのかもしれませんが。。。

☆★後 藤真 希★ 解禁!!★

☆★後 藤真 希SェXを公開!!
もう二度と見れない映像です!!
http://kappa8372.blogspot.com/2007/11/blog-post.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/80-ff072bda