ガンバ大阪U-23観戦のススメ

最低な内容で敗戦したアウェイ神戸戦の翌日、ガンバ大阪U-23 vs グルージャ盛岡の試合を応援しに吹田スタジアムに行ってきた。私は東京に住んでいるという事もあるが、基本的にはトップチームのみを追いかけているサポーターで、ユースやサテライトの試合はほぼ観ていない。

しかし、今年はなるべくU-23もフォローしようと思っている。各種メディアで野呂社長や實好監督が考えるU-23の活動方針を知り、応援する必要があると思ったからだ。ソースの一部は有料メディアなので詳細の記載は避けるが「育成組織ではなく結果を追求するチームである」「ACL制覇をはじめガンバが勝ち続けるために必要なチームで、トップチームに直結している」という部分に共感した。

サポートする上でなにより重要なのは現場に行く事。選手達自身もコメントを残している通り、多くの観客の前でプレーする事で得られるものは大きい。ある時はモチベーションに、ある時はプレッシャーになるだろう。それこそがTMやサテライトリーグでは得る事ができない経験である。

ちなみに、この経験を提供し続けるためには年間1.5億円の運営費が発生するらしい。この活動を継続してもらうためにもホームゲームチケットを買って、スタグルを食べて積極的にクラブに金を落とす気満々だ。シーズンパスがJ3対象外でも文句は言わないのである。


J1とは違うスタジアムの雰囲気を楽しめます

■成長過程を応援する喜び

当然ながらトップチームと比べると個人としてもチームとしても完成度は低い。年齢制限のないチームを相手にしているのでフィジカル的に弱い部分も目立つ。ただ、それは仕方ない事だし、そういう経験を経て練習する事の効果は計り知れない。アイドルファンではないが成長過程を応援する楽しみ方は間違いなくある。皆それぞれに光るものがあり、そうしたポテンシャルがどのように開花するのか今から楽しみ。

例えば、呉屋。

シュートを意識した動き出し&動き直しが素晴らしい。そこそこサイズもあるから身体で相手を抑えながらのポジション取りや、守備の献身性も評価されそう。

一方で今節はオフサイドも連発。動き出しにパスが出ない事も多々。そこはこれから相互理解が必要な部分。ただ、今のトップチームにはパスの出し手は少ない中で、パスの出し手になれる堂安律とU-23で一緒にプレーする時間が増えるのは数年後のトップチームにおけるホットラインになるかもしれないなと想像するのも楽しい。そして、2人にとってお手本となるフタがオーバーエイジにいる意味も大きい。フタさん、U-23でプレーしてくれて本当にありがとうございます。


フタさんが残留してJ3でプレーしてくれている意義を噛み締めています

また、今節はゴールキックなどロングボールのターゲットは基本呉屋だったが、これは長沢やパトがいるトップチームでは経験できない事。多分、今年の呉屋はトップチームとU-23を行き来する立場。チームによって若干違う役割を求められる事でプレーの幅が広がる可能性だってある。

そうやって色々想像しながらU-23を応援していけば、この先トップチームの試合への想いがますます強まるかもしれない。クラブの進化・発展に比例して自分(サポーター)のサッカーの見方が変わる事があるなんて幸せな事だ。

さあ、U-23も応援しよう。

関連記事:刺激の重要性 ~東アジアカップ効果で宇佐美は再び覚醒する~



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/799-845b439e