【ブログ開始10年目突入】2015年、自分は何を書いたのか -過去記事から自己分析-

2007年から開始したこのブログも途中でブログ名やURLを変えたりしつつ今年で10年目に突入。気がつけばブログを書く事はライフワークに。決してPV数が多くないながらも、ブログをきっかけにスタジアムで挨拶できるサポーター仲間ができたり、他媒体で文章を書かせてもらう機会を得たり・・・ブログを通じて得た経験は間違いなく財産です。

もう少し財産を増やしたいので今年もブログ継続します。今年の目標はスタジアムで「ロスタイムは7分さんですか?」「ロス7さんですか?」というブログ名ではなく、一応付けている名前である「こ~」で声をかけられる事。そして、オフラインの充実のためにブログを使う意識をより強く持つ事。面識のあるサポーター仲間の皆様も、これから出会うサポーター仲間の皆様も、今年も宜しくお願い致します。

原風景 万博スタジアム

■2015年、自分は何を書いたのか?

今回は10年目突入を記念して振り返りエントリ。過去9年分を振り返るのは大変なので2015年分だけ。読み返してみると、年々純粋な試合レビュー記事が減っている事に気が付く。タイトルは試合レビューでも、書いている内容は全然違う。記事の趣旨が完全にオフザピッチを向いている。

以下、各エントリにおける代表的な文章の抜粋。

要は「過密日程」はガンバ、広島共に自己陶酔(肯定)のツールである。(中略)そのツールの共有は出来ないゆえに争いが起きた。利権みたいなもの。【天皇杯 準決勝】ガンバ大阪-サンフレッチェ広島@長居

栄枯盛衰で諸行無常なり。(中略)状況や立場が変わった今、ガンバは何をモチベーションにタイトルへ挑むのだろうか。ナビスコ決勝を経験してポジティブに語られる事の多い「勝者のメンタリティ」が一体何なのか分からなくなっている。【ナビスコカップ決勝】鹿島アントラーズ-ガンバ大阪@埼スタ )

久々に岩下の相手への詰め寄り芸を見た。(中略)「芸」とサポーターが表現するように、一般的に悪とされる詰め寄りを「芸」の域まで高められるJリーガーは岩下以外にいない。Jリーグはエンターテイメントなのだ。【2ndステージ第12節】ガンバ大阪-柏レイソル@万博

試合観戦で一番印象的だったのがスタンドで応援する学生達。(中略)楽しいは正義。楽しさこそ一体感を生む。強制では一体感は生めない。(中略)Jリーグのゴール裏って多少の悲壮感がある。犠牲もある。それが美徳とされている感もあるし、その世界観がタコツボ化に拍車かけている気もする。サッカー関関戦を観に行ってきた話


個人的にはどれも「社会学」的な視点で書かれていると自己分析したのだが、どうだろうか。この傾向は海外遠征時の試合レビューでは特に顕著に表れる。


広州恒大 隠れガンバサポ

スタジアム内では我々を大多数の公安(に雇われているバイト)が囲んだ。ただ、個人的な印象としては、公安がいる事による安心感は広州恒大サポーター側に与えている側面もあるのではないだろうか。(中略)スタジアムでの応援がある種の捌け口や発散の場という印象も受けた。【ACL遠征記】広州恒大-ガンバ大阪@天河体育中心体育場


全体的に「第三者目線」で書かれている感があるのも私の特徴だが、ACLだけは想いが強く、感情的な文章になる事も。興奮が伝わってきて嫌いな自分じゃない。


久しぶりに試合終了後に体の震えが止まらなかった。感情が整理できない。(中略)この試合を「伝説」と呼ばずして何を伝説と呼べばいいのか。【ACL準々決勝 第2戦】ガンバ大阪-全北現代@万博

人生訓にしたいような一戦。こういう試合を経験できるからACLは最高。(中略)こんなに緊張感ある試合は久しぶり。疲れた。そして、勇気もらった。(【ACL第4節】ブリーラム・ユナイテッド-ガンバ大阪@ブリーラム

広州恒大ユニホーム無料配布所

■宇佐美の事が好き過ぎる

2015シーズンは「宇佐美」についての言及があまりにも多い。どれだけ宇佐美の事が好きなんだと。読み返すと我ながら好き勝手書いてる。半分くらいは妄想だったりもする。宇佐美がどうかこれらの記事を読んでいない事を祈るばかり。

宇佐美なんてこのシーズンオフだけで自身の課題である「守備の貢献度の低さ」を何度テレビで発言させられたのだろう。しかも、宇佐美の隣に座っている選手は優勝の要因を「ハードワークです」と答えている。宇佐美は今シーズン嫌でも献身性という自身の課題を意識せざるを得ない。サッカー選手がTV番組に出演する効果 ~アウトプットでプレーが上手くなる!?~

トピックスをあげるのであれば今節も宇佐美。毎節進化が止まらない。今、宇佐美を観ていない人は一生損する。(中略)「これ以上何を望むのだ」という状態。【Jリーグ第6節】湘南ベルマーレ-ガンバ大阪@BMW

だから、宇佐美は夏場も元気に決定力を保証するために減量なんてしてないで焼肉いっぱい食べて元気に過ごして欲しい。(中略)クラブから蘭ちゃんに伝えてもらうように連絡したらいい。【Jリーグ第17節】モンテディオ山形-ガンバ大阪@NDソフト

クリスマスイブに娘が生まれた宇佐美が復活の2ゴール1アシストと早速効果爆発。パパになると「責任感が強くなる(気持ちが強くなる)」らしいのだが、メンタル的な強さはまさに宇佐美に最も必要としていた部分。【天皇杯 準々決勝】ガンバ大阪-サガン鳥栖@万博


こんなブログですが、どうか今年もお付き合いを。


関連記事①:刺激の重要性 ~東アジアカップ効果で宇佐美は再び覚醒する~
関連記事②:サポーターを続けるターニングポイント経験 ~TV番組「another sky」を観て~



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/780-28184a2f