【天皇杯 準決勝】ガンバ大阪-サンフレッチェ広島@長居

【ガンバ大阪 3-0 サンフレッチェ広島】

『過密日程』

試合の本質をこの一言で表す事はできないと思うが、紛れもなくキーワードではあった。今回はそれを考える。

■過密日程利権を奪い返せ

広島が12月に過ごしたCS決勝→CWC→天皇杯というスケジュールがシーズン通算ではガンバよりも8試合も少ないからといって過密日程ではないとは思わない。宇佐美の復調を見れば余計にCS決勝以降のスケジュールはコンディショニングの上でガンバに優位に働いた可能性はある。

一方でガンバが広島よりも多く戦ってきた8試合はACLや、ナビスコ決勝、CS準決勝などタフなものばかり。蓄積された疲労感は想像に難くない。また、08年のACL優勝からのCWC→天皇杯(しかも、優勝)の経験も加わって、広島側からの過密日程を強調する声に反発心や違和感が出たのも理解できる。

要は「過密日程」はガンバ、広島共に自己陶酔(肯定)のツールであるというのが一連の騒動の個人的な結論。そのツールの共有は出来ないゆえに争いが起きた。利権みたいなもの(保険的に使ってる人もいたけど)。ガンバ側から言わせれば「俺達の方が過密日程である。広島さんよ、そんなヌルい日程で大袈裟に騒ぐんじゃないよ。は?CWC?ACL優勝してから言って下さいな。ちなみに、今日の試合も俺達が圧勝しました。広島ざまぁww」という感じ。これを大幅に省略して、マイルドな表現に変えたのが試合後にアップされたガンバオフィシャルの試合レポート。

まあ、CWCにおけるリーベルプレートとボカの煽り合いを見れば可愛いものだ。悲しいかな日本(Jリーグ)では直接的な挑発が禁止されてしまっているので少し陰湿というか、遠回しな表現にならざるをえないのが勿体無いところ。これではライトファンが試合前の舌戦を楽しめない。過密日程より由々しき問題だ。


長居がホームと化す圧倒的なサポーターの数

P.S.上記は全てサポーター目線。選手の立場になって考えれば「過密日程だから…」の後にくる言葉はネガティヴなものでしかない。過密日程。それは心に隙を生む言葉。

関連記事:【チャンピオンシップ第2戦】サンフレッチェ広島-ガンバ大阪@エディオンスタジアム




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/775-392324dc