【天皇杯 準々決勝】ガンバ大阪-サガン鳥栖@万博

【ガンバ大阪 3-1 サガン鳥栖】

天皇杯はモチベーション次第だと思っている。ガンバにとって天皇杯を獲りたいモチベーションは何なんだろうか。天皇杯優勝で勝ち得る「ACL出場」という権利は既に得ている。ナビスコ決勝やCS決勝での敗戦の悔しさが彼らを突き動かすのだろうか?

勝てば勝つほどオフ突入が後倒しになるという「矛盾」。平凡サラリーマンの自分は29日からのお正月休みが楽しみで仕方ないのだが、週明けに上司から「君は頑張っている!素晴らしい結果も出した!だから元旦まで仕事してOK!」と言われたらきっと仮病を使うだろう。ガンバ大阪の頑張りを観て、納会すら面倒くさいと思っている自分を恥じた。そんな年末の天皇杯。

■復活の宇佐美

自分の周りの既婚者曰く「子供のために」は仕事をする上で最大のモチベーションになるらしい。クリスマスイブに娘が生まれた宇佐美が復活の2ゴール1アシストと早速効果爆発。パパになると「責任感が強くなる(気持ちが強くなる)」らしいのだが、メンタル的な強さはまさに宇佐美に最も必要としていた部分。これで来季はシーズン後半も宇佐美無双でガンバACL優勝・・・と言いたいところながら報道を見る限りは今冬で移籍が濃厚そう。ガンバでのプレー機会が残り少ないという想いもモチベーションになっているのかもしれない。

そして、この試合は「ラスト万博」という状況も選手・サポーターのモチベーションを後押しした。最後の最後で「ゴールネット破損」という今まで観た事がない試合中断で鳥栖に傾きかけていた流れをぶった切り、再開直後に宇佐美の勝ち越し弾という奇跡の後押し。ありがとう万博。長い間、お疲れ様でした。

準決勝の相手は広島。「CS決勝のリベンジ」がモチベーションになるはず。開催地が大阪(長居)という点も追い風を感じる。勝てる。天皇杯優勝枠で来シーズンのACLに出場しよう。

万博ゴール裏
ありがとう万博。この景色こそ青春であり、生きがい

関連記事:【天皇杯決勝】ガンバ大阪-モンテディオ山形@日産



コメント

はじめまして。

はじめましてくにきちと申します。

『この景色こそ青春であり、いきがい』

良い言葉ですね。
いつも拝見させて頂くばかりでしたが、伝えたくて初めてコメントさせて頂きました。

またお邪魔致します。
失礼します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/773-5c6dc664