【チャンピオンシップ準決勝】浦和レッズ-ガンバ大阪@埼スタ

【浦和レッズ 1-3 ガンバ大阪】

これだから「言霊」は恐ろしい。

試合前、浦和のペトロビッチ監督はガンバに対して「恐れるものがあるとすれば、運の部分かもしれない」と話したそうだが、まさか本当に「運」の要素が試合の結果を決めるとは思ってはいなかったはず。

一瞬何が起きたのか理解できなかった「丹羽ちゃんのあわやオウンゴールのバックパス」や、後半終了間際の「クロスバー直撃のヘディング」あたりが浦和側から観た「運」の部分だろう。両シーンにおける東口の活躍を差し引いても「ガンバに運があった」と捉えるのは間違いではない。

そして、本日誕生日の藤春である。こちらも試合前になかなか面白いコメントを残している。

過去、誕生日は「いいことがなかった」との事で、CS準決勝についても「退場にならないように」とまさかのネガティブ発言。ただ、藤春には運良く言霊は機能しなかった。退場どころか逆にMON級の活躍。

言霊は気まぐれ。今日はガンバが言霊を味方にした。

チャンピオンシップ準決勝 埼玉スタジアム
埼スタで「WE ARE GAMBA OSAKA」を叫ぶ快感

■異次元の体力

今日のハイライトは藤春の決勝点。延長後半に右サイドからのクロスを左サイドバックが合わせるというはしゃぎぶり。どれだけ走ったのか、試合後にトラッキングデータを調べたところ出場選手の中で唯一の15キロ越え。単純に15キロ越えもすごいのだが、疲労感を感じさせない様子だった事がこのデータを更に価値のあるものにする。

特に延長に入ってからの動きが出色のパフォーマンスで、レッズ守備陣もファールかイチかバチかのスライディングを連発するしかなかった。途中からチームとして意識が高かったカウンターでしか得点の雰囲気を感じない展開の中で途中出場組の倉田・米倉に加えて藤春が途中出場組かのようなスプリントを繰り返してくれた事で攻撃に厚みを出せたし、結果としてゴールにもつながった。(長谷川監督の延長を見据えて(?)倉田・米倉というカードをベンチスタートにする事でカウンターの足を残した判断も素晴らしかった)

これで大逆転リーグ優勝に王手の決勝進出。決戦の地・広島のホテルは昨日までは予約で一杯だったけどキャンセルでるかな。

関連記事:【Jリーグ第32節】浦和レッズ-ガンバ大阪@埼スタ



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/764-8e86f862