【ナビスコカップ決勝】鹿島アントラーズ-ガンバ大阪@埼スタ

【鹿島アントラーズ 3-0 ガンバ大阪】

栄枯盛衰で諸行無常なり。教科書には平家物語に変えて、今シーズンのナビスコカップ決勝の映像を見せれば世の常というものが理解できるのではなかろうか。昨シーズンの3冠、ACLでの激戦経験。「自信」と思ったいたものがいつの間にか「慢心」に変わっていた・・・・のかもしれない。

胸に星が増える度に「この味を知ったらこそ、更にタイトルを欲する気持ちが出てきた」という定番の選手達の言葉には嘘はないはず。ただ、この試合では2012年以降タイトルがない鹿島アントラーズが持つタイトルへの意欲が完全に上回っていた。今シーズンは既にガンバに2敗しているという要素もモチベーションに拍車をかけたかもしれない。負けるべくして負けた。90分間何もできなかった。ここまでの完敗は久しぶり。

ナビスコのお菓子2
ナビスコ様、今年もスポンサードありがとうございました。下はサポ仲間の仕込み「めで鯛パイ」

■「勝者のメンタリティ」とは何か?

サッカーを知れば知るほど精神論の重要性を痛感するようになっている。重要な試合ほどポイントになる「球際の強さ」や「運動量」といった基本中の基本となる要素の源は何かを考えれば自然にそこにたどり着く。長谷川ガンバになってから、監督のモチベーターなマネジメント能力もあって戦えるチームになっていた。降格というベースとなる経験に、エースの海外挑戦失敗というスパイスも加わって勝利に飢えていたチームは強くなった。そして得た3冠。

状況や立場が変わった今、ガンバは何をモチベーションにタイトルへ挑むのだろうか。ナビスコ決勝を経験してポジティブに語られる事の多い「勝者のメンタリティ」が一体何なのか分からなくなっている。確かにナビスコカップ準決勝では初の決勝へ意欲MAXの新潟をいなした姿に「勝者のメンタリティ」を感じたと思った。勝ち方を知っているチームであると。「平常心」で戦えるチームだと。ただ、平常心だけでは勝ち得る事ができないものがある事を痛感させられた。

数年間タイトルから遠ざかればモチベーションは戻ってくるだろうし、主力としてタイトル獲得経験のない井手口や今回悔しい想いをした西野らの次世代が高いモチベーションと共にガンバを牽引してくれるはず。そして、その時は倉田や東口といった三冠主力メンバーの経験がかならず役に立つ。昨日の鹿島がそういう状態だったと推測している。ただ、そこまで待つのか。

この敗戦から学ぼう。勝つ事は簡単ではない。

ナビスコカップ決勝 埼玉スタジアム


関連記事:【ナビスコカップ決勝】サンフレッチェ広島-ガンバ大阪@埼スタ



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/756-9ba6b32c