【俺のアウェイ飯】「広州酒家」(広州恒大/天河体育中心体育場)

「食は広州に在り」

という有名な格言が店の入口に掲げられている広州を代表する中華料理屋。日本でいえば銀座久兵衛みたいな事か。味・値段・量すべてにおいて文句無しの超優良店。広州遠征における試合当日の昼食で訪問。平日という事もあってか並ばずに入れた。注文から提供までのスピードも素晴らしく、外国人慣れしているので英語は通じないもののコミュニケーションに困る事もなかった。ただ、量がどの料理もかなり多いので1~2人で訪問するのはオススメしない。大人数でテーブルを囲んで食べるのが楽しい。広州恒大はACLの常連なので多くのJクラブサポーターが今後訪れる事になるはず。

広州酒家
外観。左上の一文に注目

広州の町並み
広州酒家がある通りの様子。広州酒家以外の有名中華料理店もこの通りに集中している

広州酒家 店内
店内。広い

広州酒家 注文方法
注文方法は紙に書いて店員に提出

広州酒家 肉
定番の肉。これで白米3杯いける味付け

広州酒家 肉と野菜の炒め物
肉と野菜の炒め物。最高のマッチング

広州酒家 炒飯
チャーハン。多分、4人前くらいのボリューム

広州酒家 ラーメン
ラーメン。これは6人前くらいのボリューム

広州酒家 鳥料理
看板メニューの1つ。鶏肉料理。高いけど、これが一番美味しかった

関連記事:【ACL遠征記】広州恒大-ガンバ大阪@天河体育中心体育場



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/750-499d68ec