ACL広州遠征準備まとめ

明日から2泊3日で広州恒大を倒す旅に出ます。今年のACL海外遠征はソウル遠征に続いて2回目。今回は中国・広州。ACLで中国遠征するのは通算2回目。前回は6年前に山東魯能を倒す旅で済南遠征に行った以来。

ふと思い返すと、ここ数年行った海外は全てサッカーの旅。ブラジルインドネシア韓国、そして今回の中国。

“人生とは旅であり、旅とは人生である”

とは某サッカー選手の有名な引退コメントの一部だが、自分の人生にサッカーがあって良かったと最近しみじみと思う。サッカーが好きだから、ガンバを応援していたからこそ行けた旅が自分の人生を豊かにしてくれている。今回の旅も試合結果はどうあれ、自分の人生の重要な1ページになるはず。

という事で、海外遠征恒例の遠征準備まとめエントリ。

広州恒大ユニホーム無料配布所
日立台でユニフォームを配っていた広州恒大サポーター

■飛行機

羽田や成田から目的地である広州への直行便は飛んでいるものの、ガンバが準決勝進出を決めたタイミングでは往復で10万円を越える航空券代だったため直行便を断念。今回はバニラエアを使って、香港経由で広州入りを目指すルートを選択。

9月29日:成田⇒香港
9月30日:香港⇒広州(電車)
9月31日:広州⇒香港(電車)⇒成田

のスケジュール。案外直行より、香港を経由した方が楽しい旅になりそうな予感はしている。

■香港⇔広州の電車

香港⇔広州間は電車を利用。実は往路と復路で乗る電車が違う。往路は香港の紅ハム駅からの直行電車。新幹線的な乗り物で約2時間の旅。日本国内からもインターネット予約ができるという事で、今回一緒に遠征するサポーター仲間が私の分の乗車券も取ってくれた。

※参考:http://zeninaru.com/hongkong-airportexpress/

そして、帰りも同じ直行電車に乗れれば楽だったのだけど、10月1日は中国の祝日らしく残念ながら電車がお昼過ぎの便まで満席。お昼過ぎの便に乗ってしまうと成田行きの飛行機に乗り遅れてしまうために別ルート。広州⇔香港はかなりの数のアクセス方法があるようなのだが、復路も直通ではないながらも電車を選択。広州から深センまで新幹線で移動し、深センから羅湖へ徒歩移動で香港入りのルート。

ちなみに広州⇔深センの新幹線も日本で中国の旅行代理店(http://www.arachina.com/)が手配してくれるので現地で楽ができる。インターネット最高。

※参考:http://www.c-study.net/2015/03/how-to-access-hkairport-from-shenzhen-luohu/

■主な出費

航空券(往復):約5万円(※10/1帰国便を外せば数万安くなるのものの、10/2は仕事があるので泣く泣く・・・)
新幹線代①(香港⇒広州):約4000円(※プレミアムクラス)
新幹線代②(広州⇒深セン):約2500円(※代理店への手数料込)
ホテル@香港:約1万円(※尖沙咀エリア。多国籍朝食付き。ブッキングドットコム利用)
ホテル@広州:約7000円(※オフィシャルツアーと同じホテル。ブッキングドットコム利用)
広州⇔スタジアムバス&チケット:7500円(※広州遠征するガンバサポーターは全員強制)

合計:約8万円。

これに上記以外の交通費、食費、お土産代が+αがあるとして大体10万円の旅なり。結構お金かかってる。国内アウェイ遠征数回分。

■その他

中国はインターネットの規制がある国なので、ツイッター等のSNSができない。ただ、私はSNS中毒者なので数日とはいえ貴重な海外アウェイ遠征の情報発信ができないのはストレス。対策として「VPNサービス」を契約。VPNを簡単に説明すると、日本や世界各国に設置したVPNサーバーに接続することで、各国のIPアドレスでインターネットアクセスを可能にするサービス・・・つまり、中国でのツイッター等が利用できるサービスなり。

※参考:http://www.interlink.or.jp/service/sekaivpn/

あとは香港と広州でアウェイグルメ情報を調べたら完璧!実際に行ったお店のレポートは「俺のアウェイ飯」と「ツイッター」で報告します。

では、行ってきます!広州恒大に勝ってきます!!

広州恒大サポーターゴール裏
第2戦@万博でもこれくらいの広州恒大サポーターが動員されるのだろうか・・・

関連記事①:ACLソウル遠征準備まとめ
関連記事②:ブラジルワールドカップに行ってきます ~遠征準備まとめ~





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/744-8e835e89