【2ndステージ第9節】ガンバ大阪-湘南ベルマーレ@万博

【ガンバ大阪 1-0 湘南ベルマーレ】

手応えを感じていいのかは分からないものの、らしい勝ち方でリーグ戦連勝。そして、3試合連続完封。井手口、阿部、ジョンヤという交代カードは守備を強く意識したもので、この交代に伴いヤットや米倉のポジションを一列上げるなど選手の意識同様に監督の采配も完全に超守備的。まあ、徹底はされているし、ブレてもいない。ハードなACL後の試合だったし、妥当な戦い方なのかもしれない。

とはいえ、後半に足が止まるまでは久しぶりに攻撃で良い形も見せていたのは良い傾向。パトにボールが収まるシーンが多かった事もあるし、ACLでの出場時間が短い倉田を中心に久しぶりに縦への推進力は感じた。「あとは結果だけ」という状態が続いていた倉田にゴールが生まれた事はチームにとって大きいし、現状の4-2-3-1というシステムを続けるのであれば完全に倉田中心のチームになる気がする。J2シーズン序盤のような頼もしい倉田が戻ってきた。

■ナビスコからのACL

これでリーグ戦は一休み。ナビスコ2連戦ウィークに突入する訳だけど、このナビスコは2週間後に控えるACLへむけてテストの場として欲しい。特に代表でちょうどいない事もあるし、宇佐美不在をどうカバーしていくのかが最大のポイント。

今日の試合から考えるに4-2-3-1における宇佐美のポジションに阿部ちゃんや大森が入って万事解決という選択肢が濃厚なんだろうけど、点を取りに行くためのオプションとしてのリンス、赤嶺の組み込み方にはチャレンジすべき。アウェイゴールを取れていない以上、守備を固めるよりも点を取りに行かなければいけない状況になる可能性の方が明らかに高い。パト、リンク、赤嶺の同時出場がスクランブルではなくなるようなナビスコ2試合の使い方を期待。

関連記事:【俺のアウェイ飯】「おかめ」(湘南ベルマーレ/BMWスタジアム)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/733-75dbc01e