【2ndステージ第8節】ガンバ大阪-清水エスパルス@万博

【ガンバ大阪 1-0 清水エスパルス】

久しぶりの完封勝利。試合後の監督インタビューを見聞きする限り、このチームが苦しい時に立ち戻る部分はやはり守備。後半の展開を考えると守備意識が高過ぎるきらいはあるものの、ACL前に長谷川ガンバの肝である守備の意識を再度高める事が出来たのはポジティブに捉えよう。

ただ、水曜日のACLはアウェイという事で失点よりもアウェイゴールは重要な一戦である事も忘れてはいけないポイントで、もう少し攻撃の形も作れるように仕上げて欲しい・・・というのは現状を考えると贅沢なお願いなんだと思う。守り勝つ・・・今年のACLはそういう事なんだろう。守って守って和田さんのスカウティング炸裂のセットプレーで得点・・・これだな。勝ちパターン見えた。

■今ちゃんの代役

ただ、そんな守り勝つサッカーにおいての最重要人物今ちゃんが水曜日の試合では出場停止という事実。代役問題はベスト8進出を決めたタイミングから分かっていたものの結局答えは出なかった。無難にいけば明神って事なんだろうけど、今節で途中出場させた事から井手口という選択肢も健太監督の中ではありそう。出場時間は短いながらも今節はいい雰囲気でプレーできてた。

個人的には井手口を推したい。チームを活性化する刺激が欲しい。井手口を起用してACLに先勝すればチームが勢いつく気がする。単純にある程度使える目途は立っている印象を受けるし、ACLベスト8という経験を数年後の中心選手に積ませたい。

さあ、いよいよ。大一番でこのチームの底力を見せて欲しい。

関連記事:【俺のアウェイ飯】「ととすけ」(清水エスパルス/IAIスタジアム日本平)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/727-ef20426d