【2ndステージ第2節】名古屋グランパス-ガンバ大阪@パロ瑞穂

【名古屋グランパス 3-2 ガンバ大阪】

誰しもが何かに不満を抱えて、それに対する批判をしたくなるような・・・人間性が試される敗戦。試合後にはひたすらキレるゴール裏のサポーターが中継で抜かれていたけど、ちょっと気の毒。気持ちは分かる。チーム内での反省会も結構モメそうだ。監督に対する不満もありそうだけど、そういう時は明さんあたりが上手くミーティングをまとめるのだろうか。

ミーティングといえば、前節の失点は集中力の問題だからしっかりやろう的な事をチーム内で確認したらしいが、今日の3失点はどう反省するのか。全失点ミス絡み。ミーティングの効果なし。自滅感がすごい。岩下じゃなくてもキレたくなる。

■選手を替えてリフレッシュ

えてして、こういう時は「ブレない(継続)」戦い方こそ正解であるのは経験から知っているのだけど、負け方や連戦である事を考えると次節はメンバーをいじってもいい気がする。ノーチャンスが続いていたジェソクの起用や、監督が今節の出来を不満に思っているであろう宇佐美あたりが候補か。

選手の入れ替えはチーム内に緊張感を与えると同時に、上手くいけば昨年後半戦のような高いレベルでのちょっとしたローテーションを回せるきっかけになるかもしれない。ここ数試合の出来を考えるとメンバーを固定するメリットなし。逆に勝っている時はチャレンジできなかった事にチャレンジする意味ではタイミング的にはバッチリ。敗戦を機にチームが甦るためにはチームの総合力アップはマスト。赤嶺が怪我をしてしまった事も考えると、いきなり長沢スタメン起用でも問題ない。そういう刺激が今のチームには必要。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/718-48a02f3c