ブラインドサッカーが社会の意識を変える

サッカーという「媒体」が持つ発信力・影響力は凄まじい。例えば、2014年ワールドカップがブラジルで開催されなければ、同国の治安の悪さや、貧富の差、教育・医療問題を考える機会はもっと少なかったはず。オシムが日本代表監督に就任しなかったら、ボスニアで戦争があった事を知らなかったかもしれない。サッカーという媒体を通じてこれらの社会問題を知る事により、リアリティを持てたし、真剣に考える事ができた。

ブラジル ストリートサッカーの風景

■ブラインドサッカーが社会の意識を変える

ブラインドサッカーの国際大会がまた日本で開催される。昨年は日テレをはじめとする各種メディアの露出効果もあって会場は満席。有料の障がい者スポーツイベントとしては異例の事だったらしいが、それ以上に素晴らしいと思ったのは実際に同スポーツを観た観客の感想である。

「目が見えていないのにボールを蹴れて凄い」

当たり前の感想ながら、普段は「同情」の対象として見られがちな障害者が「尊敬」の対象として見られていた事に大きな意味がある。2020年に東京パラリンピック開催が決まった事で「ダイバーシティ社会」や「心のバリアフリー」といった言葉をよく耳にするが、同情の心を基盤としてこれらを実現するのは難しい。本当の意味で「ダイバーシティ社会」、「心のバリアフリー」を実現するために必要なのは認める事。だからこそ、「尊敬」の対象として多くの人に見られたブラインドサッカーが果たした役割は大きい。

また、日本における障害者の数を知れば、もはや障害者はマイノリティーとは言い切れない数がいる事を知る。ボリューム的に社会として配慮を考えるのは当然で、逆に知れば知るほどなぜ現状はこんな事になっているのか疑問でもある。知る機会や出会う機会がなかったが故の悪循環だったのかなと推測するが、今年開催されるブラインドサッカーには単にスポーツの認知度向上だけに留まらないアプローチを期待したい。

社会の意識を変えるにはきっかけが必要だ。あるセミナーでは今では当たり前に重要視されるようになった「エコ」という価値観も地球温暖化問題を背景に『京都議定書』がきっかけになった事例が紹介されていたが、「議定書」や「条例」「法律」に頼らない形で社会の意識を変えるポテンシャルがサッカーにはあって欲しい。

関連記事①:【書評/読書感想】「サッカーボールひとつで社会を変える」(岡田千あき)
関連記事②:車椅子バスケを観に行って思った事
関連記事③:ブラインドサッカー普及のために必要なこと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/715-e62849f2