【Jリーグ第13節】柏レイソル-ガンバ大阪@日立台

【柏レイソル 1-0 ガンバ大阪】

今年も会社を早退して日立台へ。そして、とぼとぼ帰宅。気がついたら日立台が苦手スタジアムになっていた。日立台からの帰り道、朝日新聞の号外を受け取らなくなってから何年過ぎただろうか。

覚悟はしていたけど、今節もなかなか退屈な試合だった。どうやって点を獲るのか全くイメージがわかない90分間。宇佐美がボールをもった時だけ単発でチャンスを感じるという依存感。前節は若手を起用し、今節はポジションをいじってみたけども効果は感じられず。昨シーズン前半戦終了時の危篤感ほど深刻ではないながらも、軽症でもない感じ。「攻撃は水もの」では済ませられない。解決の兆しは見えない。

2015年柏レイソル ガンバ大阪
昨年も雨だった気がする・・・

■赤嶺に期待し続けているのだけど・・・

昨年におけるパトリックのように、起爆剤となるような選手の登場に期待している。選手の特徴を活かした形が生まれれば、それが戦術となり、武器となる。今のガンバにとってその可能性があるのは赤嶺しかいないと思い続けて早4ヵ月。シーズン前から遅かれ早かれ同じメンバーで戦っていれば今のような状態は想像できたし、それゆえの赤嶺の獲得だと思うけど機能しない日々が続く。

今節は日立台という事もあり、ゴール裏から近距離で赤嶺の動きを追い続けた。ただ、途中出場してから試合終了までの間、ボールタッチは数回。ボールが出てこなくても懸命に繰り返し動き直す姿は宇佐美にもパトリックにもないものながら、地獄のように赤嶺にパスが回ってこない。一発を狙う動きなので、赤嶺へのパスはイチかバチかでリスクもあるのだけど、誰もそのパスをチャレンジしない・・・途中から動きなおす赤嶺の姿が涙で滲んだ。ちなみに、数回のボールタッチは苦し紛れのクロスやロングボールの競り合いが中心。応援している身でも心が折れそうになる。

火曜日ナイターで敗戦は心身ともに疲労感がすごい。明日、午前休取ろうかな。

関連記事:【Jリーグ第29節】柏レイソル-ガンバ大阪@日立台



コメント

ブログ記事拝見しました。
私も赤嶺選手には本当に期待しています。仙台の頃から敵ながらとても好きな選手です。
それだけに、今の状況は本当に心苦しく思います。素人の私が見ていても分かるぐらい、赤嶺選手にはボールが入りませんよね…
赤嶺選手は手をあげたりして、要求しているのに…。
起用についても、宇佐パトが不発な中、交代が遅いような気がします…

サッカーのこと詳しくないのですが…長々と失礼しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/711-845f3e78