【Jリーグ第7節】ガンバ大阪-アルビレックス新潟@万博

【ガンバ大阪 2-1 アルビレックス新潟】

予想通りとはいえハードな試合だった。観戦日和のデーゲームは連戦の体にはかなりきつかったはず。しかも、連戦も考慮してスタメン抜擢のリンス、ジェソクが前半で交代させる判断(2人とももう少し引っ張ってもよかった気がするが・・・)。さらに丹羽、岩下、藤春というDF陣の負傷後の失点に漂う嫌な雰囲気。そして、時間に比例してオープンな展開に動きがよくなるWシルバ、鈴木武蔵・・・・「今日は引き分けでも良しとしなければ」と覚悟してた。

■パトリック、Jリーグ無双へ

そんな中で勝てたのは一言で言えば「決定力」って事になる。山崎亮平選手が外してはいけないシュートを2回外した一方で、ガンバの2ゴールは特に決定機にカウントしなくてもいいシーン。セットプレーしかり「流れに関係ないゴール」を決められるか否かは強豪クラブに必要な要素だと思うけど、今節はそれが炸裂。

特にパトリックのゴールは誰も期待していない形でのシュート。足元が少しずつ上手くなっているのは分かっていたけど、ああいう独力&足でのゴールを決めはじめるといよいよ無双状態。高さあり、裏へのスピードあり、献身性あり、フィニッシュの技術も高い・・・弱点ないやん。宇佐美より早く海外移籍してしまうのではないかと心配になるレベル。

昨シーズン後半は「器用なタイプじゃないし、ロチャに雰囲気似てるな・・・」と活躍は期間限定かと疑い、今シーズン開幕前は「赤嶺という保険は実は賢明な選手獲得。研究されるとパトはきついかも」と実力を疑問視した事をここにお詫び申し上げたい。

しかし、今日のリンス、ジェソク交代や赤嶺ベンチ外にも表れている通り、メンバー固定が過ぎる不安はある。昨シーズンは「総力戦」で戦える事が強みの1つでもあったので、連戦のGWはそろそろニューヒーローの誕生に期待したい部分もある。その期待筆頭は・・・赤嶺かなぁ、やっぱり。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/684-ccf2b063