【ACL 第1節】ガンバ大阪-広州富力@万博

【ガンバ大阪 0-2 広州富力】

シーズン初戦としては戦いやすい相手だったはず。中国のチームにしては荒くないし、主導権も握れる展開だったし・・・この相手にホームで敗戦は痛恨。ほぼ昨シーズンとメンバーが変わっていないとううシーズン序盤のアドバンテージを活かせない残念な結果に。

相手はプレーオフで真剣勝負を前週に戦っているという点において試合勘の差はあった。変化をつけられない攻撃に、数少ないピンチで失点をくらう守備。共に悪い出来ではないながら勝負所を抑えられていないと国際試合ではこういう結果になるんだろうなと高い勉強代を払われた感じ。こういう時の頼みの綱であるいセットプレーも今日はヤットのキックがイマイチ。ヤットにACLは引っ張って欲しいのだが・・・。交代策も多少の効果はあったものの得点までにはつながらず。最後まで打開策を見つけられないモヤモヤな90分。

ゼロックスはACL前にやった方が良くない?

■期待の新戦力の出来は?

注目された怪我の今ちゃんの代役は小椋。「らしさ」を出そうとする姿勢は好感。チーム戦術うんぬんの前にベースとなる「運動量」「切り替えの早さ」「球際の激しさ」は保証してくれそうなパフォーマンスぶりは長谷川ガンバにおいて出場チャンスは結構ありそう。

長谷川監督はシーズン前に「マンネリ」というキーワードを挙げていたけど、+αの部分で新たな武器が必要になる試合が出てくる事は明らか。今日はノーチャンスだった赤嶺と共に早めのフィットに期待。勝っても負けてもいい今週末のゼロックスは新戦力を積極的に起用して欲しい。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/657-f06debef