【パナソニックカップ2015】ペルシジャ・ジャカルタ-ガンバ大阪@Gelora Bung Karno Stadium

【ペルシジャ・ジャカルタ 0-4 ガンバ大阪】

ガンバ大阪、インドネシア初上陸!

2015シーズンまず1冠。メインスポンサーの冠が付いた試合を勝ててなりより。インドネシア遠征のメイン目的はビジネス面だろうけど、ACLも控える中で異国の地で若手も含め多くの選手がプレーできたのはチーム強化の上でも意義ある遠征になったはず。現地に行かれたサポーターも含め、お疲れ様でした。

WakuWakuJAPAN.jpg
この試合は現地のTV局「WAKU WAKU JAPAN」の開局1周年記念との事。写真は昨年参加した開局音楽LIVE会場に設置されていたパネル

■2015シーズン開幕へポジティブ想像は広がる

コンディション面でも連携面でも完成度は20~30%ってところだろうけど、4-0というスコアもあって今後へ期待が膨むシーンもちらほら。

2得点のリンスは元々高かった守備意識に加え、シュートが枠にいくようになっていよいよ無双状態もありえる期待感。アラウージョも不遇の清水時代を経て、Jリーグ2年目で覚醒。リンスもそうならないと誰が言いきれる。元々ブラジルでの評価は高い選手だった。

そして、宇佐美&藤春の仕上がりの早さ。宇佐美は昨シーズン怪我で出遅れ、藤春は不振でスタメン落ちも経験。スタートダッシュにかける想いがあるのかもしれない。2月下旬に開幕するACLはあまり相手から研究されない印象があるがゆえに、初対戦では対応に苦しむであろう特徴をもった二人の早い仕上がりは頼もしい。

あー早く新ユニ着たい。

関連記事①:【インドネシアサッカー観戦記】カオスがもたらす熱狂のスタジアム
関連記事②:【サッカー写真館】インドネシアサッカーの風景 ~サポーター編~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/652-dca13315